「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

2019年8月の記事一覧

1  2

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県台ケ原班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

日付:2019年8月21日(水)
行程:ハイジの村→中村キース・へリング美術館→魚光会館→古道入り口~古道出口→金精軒→台ケ原一里塚跡→道の駅はくしゅう→日蓮上人の高座石→応安の銘碑

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員1年神谷です!五街道ウォーク2020に向けて下見を行いました。2日目は天候にも恵まれ予定通りに行うことが出来ました。
 

 

kw-daigahara21-01.jpg△ハイジの村


 南アルプスに囲まれたこの地では季節の花々が咲き誇り「アルプスの少女ハイジ」の世界観が見事に再現されています。展望台からは遥か遠くにあるスイスを感じさせるような雄大な眺めが望めました。

 


kw-daigahara21-02.jpg△魚光会館


 ここでは、本番の昼食にもなると思われる「ほうとう」という山梨県を中心とした郷土料理を食べることが出来ました。地元の食材が使われていてとても美味しかったです。また偶然にも文京学院大学の卒業生のお父様とお話しすることが出来ました!

 

kw-daigahara21-03.jpg△古道


 この道は甲州街道以前の信州へと通じる主要な道路です。甲州街道のほとんどはすでに舗装されていますが、ここは古道として残されている数少ないスポットです。いくつかの石碑が残されているので、たしかにここに街道があったことを実感できました。
 
 

kw-daigahara21-04.jpgkw-daigahara21-05.jpg△金精軒


 ここは、武田信玄に所縁のある信玄餅味わうことが出来ます。ここでしか味わうことのできない生信玄餅もありとても美味しかったです!ここでしか味わえない信玄餅をお土産にすることもできますし、上の画像にもある水まんじゅうなどで休憩することもできます!


以上
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 山梨県台ケ原班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]


日付:2019年8月20日(火)
行程:シャトレーゼ白州工場→薮内正幸美術館→サントリー白州蒸溜所→入船食堂→尾白川渓谷


 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会経営学部1年川名です。
 五街道ウォーク2020へ向けて、下見を行いました。1日目は午後、雨に降られることもありましたが、無事に終了することが出来ました。本番当日は雨も想定されるので、そ
のための良い機会となりました。
 

 

kw-daigahara20-01.jpg△シャトレーゼ白州工場


 こちらの工場は、白州名水を使用したアイスクリームや餡子などのお菓子の製造過程の見学ができます。そのほかにも、アイスクリームの試食ができるので、参加者にとっても楽しめるのではないかと思いました。


 

kw-daigahara20-02.jpg△薮内正幸美術館


 動物画家で、絵本作家でもある薮内正幸の作品が展示されていました。動物たちの一本一本の細かい毛の質感の表現に魅了されました。木の柔らかさを感じる美術館の佇まいに非常に引き付けられました。

 

 

kw-daigahara20-03.jpg△サントリー白州蒸溜所

 

 ガイドさんによるプロジェクションマッピングを用いた説明や、実際に出荷前の商品を見学するなど参加者にとっても楽しめると思いました。工場内の広さをとても感じました。
工場見学のみにならず、色々と散策が楽しめそうだと思いました。


 

kw-daigahara20-04.jpg△尾白川渓谷


 少しの時間しか見学できませんでしたが、つり橋を渡りその先には冷たく澄んだきれいな川が流れていました。暑いこの時期にぴったりな自然の豊かさを感じられました。

以上
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県甲府班)

2019年8月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

甲府グループ甲府班活動報告
日付:2019年8月21日(水)

行程:長禅安国寺→遊覧愛宕園→桔梗信玄餅工場テーマパーク→長寿村 権六(昼食)→浅間神社→恵林寺→旧武藤酒造主屋米蔵→長禅安国寺

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会経営学部1年間ケ部です。3日目は中京学院大学の学生2名と一緒に下見をしました。

 長禅安国寺は朝早くはまだ開いていなかったので最後にまわしました。
 遊覧愛宕園は多くの種類のぶどうを実際に狩って食べられたので東京ではあまり出来ない良い経験になると思いました。

 

kw-koufu21-01.jpg

 信玄餅テーマパークでは、工場見学を行いました。お土産で有名な信玄餅ができるまでの一つ一つの行程を実際に見ることができました。機械と手作業で作られていてありがたみを感じました。テーマパークでは、そこでしか出来ないことがたくさん詰まっているので、本番も是非訪れたいです。

 

kw-koufu21-02.jpg
 お昼はテーマパークの敷地内の「長寿村 権六」で食べました。山梨の名産の冷やしほうとう「おざら」を食べました。麺はさっぱりしていて、暑い夏にぴったりだと思いました。

 

kw-koufu21-03.jpg

 テーマパーク内はお土産屋さんもありました。

 恵林寺は武田信玄の菩提寺であり、立派なお墓がありました。うぐいす廊下といって歩くとうぐいすの鳴き声のような音のする場所もありました。緑豊かで、建物も昔ながらの雰囲気だったので歴史を感じました。

 

kw-koufu21-04.jpg

 2日目は、多くの場所を訪れましたが、実際に本番で歩けそうな道をしっかりと確認出来なかったので、次に行く時には気をつけて確認します。
 昨日からの2日間の下見をしっかり振り返り、本番のコース作りに役立てていきたいです。
 今後も活動を頑張っていきます。

 

以上

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 山梨県甲府班)

2019年8月23日 [ カテゴリ:トピックス ]

甲府グループ甲府班活動報告


日付:2019年8月20日(火)
行程:山梨縣護国神社→円光院→信玄公の墓→武田の杜→東光寺→甲斐善光寺→こどもの国公園→舞鶴公園→藤村記念館→山梨近代人物館

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会人間学部1年中島です。

 私たちは「五街道ウォーク2020in甲州街道」に向けて山梨県甲府市を巡り様々な確認をしてきました。まず舞鶴城公園は広い芝生に大きな石垣が特徴的な場所でした。甲府城跡はとても高い場所に位置し、見晴らしが良く甲府市内を一望できる程でした。次に甲斐善光寺ではスタッフさんの説明を聞いたのちにお戒段巡りと鳴龍を体験しました。お戒段巡りとは光の一切ない暗闇を手探りで進み鍵を見つければ極楽浄土行きが約束されるというものでした。また鳴龍とは特定の場所に立ち手を叩くと龍の鳴き声のように聞こえるというものでした。円光院からこどもの国公園までの道のりは緑が豊かでした。

 甲府全体の感想としては緑に囲まれ自然豊かでした。また武田信玄公にまつわる名所や寺院が多く歴史を肌で感じることができました。


 

kw-koufu20-01.jpg△山梨縣護国神社

 

 西南戦争後の日露戦争などで戦死した山梨県関係の戦死者25039柱を祀っています。
 敷地内はとても広く自然豊かでした。

 

kw-koufu20-02.jpg△甲斐善光寺


善光寺ではお戒段巡りや鳴龍、善光寺に関することを教えていただきました。
また戦時中に使われた太鼓が展示されていたり、仏像なども展示されていました。



kw-koufu20-03.jpg△こどもの国公園



 こどもの国公園はとても標高が高く見晴らしがとてもよかったです。
 遊具もあり、小さな子どもが遊んでいる姿を見ることができました。

 

kw-koufu20-04.jpg△舞鶴城公園

 

 舞鶴城公園とは甲府城跡を生かした公園となっていて、実際に高台に登れて甲府市内を見回すことが出来ます。甲府城は明治維新後、廃城となり取り壊しになりました。しかし、当時の石垣や天守台などは現存しています。
 


【まとめ】

 こどもの国公園は標高が428mととても高く徒歩で行くのは困難な上に、昼食を食べるエリアに屋根がなかったため雨天時は要検討すべきだと感じました。また、舞鶴城公園は広い芝生があったためオープニングセレモニーにちょうど良いと考えます。

 甲府市は武田信玄公にゆかりのある土地が多かったのでたくさんのお話を聞かせていただいたり、実際にお墓や寺院を見ることで信玄公を深く知ることが出来たと感じました。

 来年の本番で来てくださる一般の方に説明を出来るよう明日も気を引き締めて下見をしたいと思います。
 

以上

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 山梨県韮崎班)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

 

五街道ウォーク2019下見報告
甲府WG韮崎班活動報告
日付 8月21日
行程 昇仙峡
 
 
 こんにちは。五街道ウォーク実行委員会人間学部1年生の丹羽です。
 2日目、私たち韮崎班は昇仙峡を中心に下見を行いました。
 
 
kw-nirasaki21-01.jpg
△仙娥滝
 
 山梨県を代表する景勝地の一つ昇仙峡の再奥部に位置し、日本の滝百選にも選ばれています。マイナスイオンを感じられて、とても涼しかったです。
 
 
 
 
 
kw-nirasaki21-03.jpgkw-nirasaki21-02.jpg
△昇仙峡さわらび(ほうとう作り体験)

 お店の方々がわかりやすく説明をしてくださいました。自分たちが作ったできたてのほうとうはとてもおいしく感じました。ぜひとも参加者の方々にも参加していただきたいです。
 
 
kw-nirasaki21-04.jpg
 △昇仙峡ロープウェイ
 
 ふもとから頂上まで片道5分のロープウェイに乗りました。そこから5分ほど歩くと展望台があり、絶景を見ることができました。
 
 
 1日を通して実際に自分たちで歩いてみることによって、今まで知らなかった魅力を知ることができました。本番のコース作りでは、今回の下見を生かして参加者の方に楽しんでいただけるよう、さらに頑張っていきたいと思います。
 
 
記事担当:人間学部1年 丹羽 夏希

 

 
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 山梨県韮崎班)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

 

 五街道ウォーク2019下見報告
 甲府WG韮崎班活動報告
 日付:8月20日
 行程:武田神社→韮崎市民族資料館→芸術の森公園→クリスタルミュージアム
 
 
 
 こんにちは。五街道ウォーク実行委員会経営学部1年多田です。
 韮崎班は途中雨が降り行程表通り進められるか心配でしたが、無事に終えることができました。
 
 
kw-nirasaki20-01.jpg△武田神社

 武田神社では武田信玄公を祭神として祀られていて、当時からの石垣や古井などが残っており歴史を肌で感じることができました。委員全員で下見が成功するように祈願してきました。
 
 
 
kw-nirasaki20-02.jpg△韮崎市民俗資料館
 
 韮崎市民俗資料館では昔ながらの道具や当時の人たちの生活様式がわかる展示物がたくさんありました。また、連続テレビ小説「花子とアン」のロケ地も見ることができ嬉しかったです。
 
 
kw-nirasaki20-03.jpg△クリスタルミュージアム
 
 山梨県は水晶の発掘地として栄えていて日本一の採掘量を誇っていたという歴史があるため訪れました。館内にあった今まで見たことない大きなアメジストがあり迫力満点でした!
 
 
 今日下見を通して、気温が思っていたより暑かったり、大勢で歩くには困難な道があったりと実際に歩いてみることで新たな気づきがありました。今後この経験を考慮して本番に繋げていきたいと思います。

 

五街道ウォーク2019第1回下見報告(8/20,21 長野県グループ③)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

五街道ウォーク2020第一回下見報告(8/19〜8/22)
 
長野県諏訪市3班活動報告(8/20 〜8/21)
日付:8月20日・8月21日
行程:1日目公園立石→温泉寺→片倉館→そば処秋月本店→諏訪大社上社本宮→  諏訪市博物館→諏訪市文化センター
   2日目諏訪護国神社→信州諏訪そば打ち道場→諏訪湖探検ダックツアー→  八ヶ岳美術館→御射山神社→甲府商工会議場
 
こんにちは!五街道ウォーク実行委員会保健医療技術学部1年大橋です。
第一回下見一日目は雨天だったので雨天時の道の状況などを確認することなどができ、晴天だった場合に比べより本番の時に活かせる下見なったのではないかと思います。
 
諏訪③ 1.jpg
△そば処秋月本店
 
そば処秋月本店では蕎麦だけでなく定食なども充実してます。お店自慢の「みそ天丼」も有名です。本番の時には私も食べるのが楽しみです!
 
諏訪③ 2.jpg
△立石公園
 
この立石公園は誰もが知っている「君の名は。」の舞台となった場所です。公園からも近くにある展望台からも諏訪湖周辺を一望できる眺めがとても爽快です。男女ペアになり「君の名は。」を再現してみるのもいいかもしれませんね!
 
 
諏訪③ 3.jpg
△諏訪大社上社本宮
 
日本最古の神社の一つでもあり、国の重要文化財に指定されている貴重な建造物が見学することができとても趣ある場所です。さらに、周りは木に囲まれているので自然を存分に感じることもできます。
 
諏訪③ 4.jpg
△神宮寺足湯
 
ここでは諏訪市の歴史・信仰・自然を学べることができ旅のおさらいとしても最適です。博物館の敷地の中には足湯もあり旅の疲れた足を休ませることもできます。実際に体験しましたが、かなり熱く驚きました。上諏訪の源泉がどれくらい熱いか体験するのもいいですね。
 
 
下見二日目は、ワゴン車移動ということもあり歩行で行くには難しいような森の中にある場所の観光もできました。
 
諏訪③ 5.jpg
△信州諏訪そば打ち道場(体験)
 
蕎麦粉8・小麦粉2の二八蕎麦のそば打ち体験をしました。講師の方によると二八蕎麦が、一番喉越し良く食べられるのだそうです。そば作りをしているとそばの香りをより一層感じ取れました。それが体験できるのもそば打ち体験の魅力です!また、そば打ちを通してのコミュニケーションにより楽しくそば打ちを学ぶことができます。
 
 

IMG_0036.JPG


△信州諏訪そば打ち道場(試食)
 
形がいびつな物な蕎麦もありましたが1人2.5人前美味しく食べることができました!食べきれない分は持ち帰ることができるので、信州のお土産にもなります。
 
諏訪③ 7.jpg
△ダックツアー
 
10年前から諏訪湖とその周辺の観光場所を巡る水陸両用バスです。何と言っても陸から諏訪湖にバスが入り船に変わる瞬間が迫力満点です!ガイドさんによる諏訪の歴史のお話もあるので風景を楽しみつつ歴史を学べて一石二鳥です!
 
下見を終えて、2日間とも天気があまり良くなかったですが本番でメインとなるような観光場所も無事に訪れることができましたし、自分の知らない諏訪の魅力を見つけられました。今回の反省点・改善点を踏まえ第2回下見をより充実したものにしたいです。
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 長野県グループ②)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

長野県グループ② 活動報告(8/21)
日付:8月21日
行程: 富士見パノラマリゾート→井戸尻考古館・遺跡→道の駅 信州蔦木宿
 
こんにちは!五街道ウォーク実行委員会経営学部1年の福羽です。
下見2日目は行程の変更がありましたが、臨機応変に対応し、乗り越えることができました。
 
諏訪② 2日目①.png
 
△富士見パノラマリゾート
 
ここでは、ゴンドラに乗り、周辺を一望することができます!想像していたよりも広く、様々な草木がたくさんありました。大人数でも行けると思うので本番にも最適だと思いました。
 
諏訪② 2日目②.png
 
△井戸尻考古館・遺跡
 
縄文土器や竪穴住居など縄文時代に関するものに触れることができました。遺跡では実際に竪穴住居の中に入れて当時の暮らしの雰囲気を味わうことができました
 
諏訪② 2日目③.png
 
△道の駅 信州蔦木宿
 
富士見町は長野県と山梨県の県境に近いということもあって、この道の駅では2つの県のお土産や地元の野菜が売られています。
 
 
 
2日間の下見を終えて、グーグルマップで得た情報をもとに行程表を作りましたが、現地に行き実際に歩いてみると想定より時間がかかってしまい、行程表とおりに進められませんでした。今後は、参加者が満足できるようなコースを考え、もっとその土地の歴史や文化を参加者に向けて伝えられるようにしていきたいです。
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/20 長野県グループ②)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

五街道ウォーク2019第一回下見(8/20)
 
長野県グループ② 活動報告(8/20)
日付:8月20日
行程: 諏訪湖間欠泉センター → 諏訪湖遊覧船 → 諏訪市湖畔公園 → 高島城
    → 呉竹鮨 → 丸井伊藤商店 → 鏝絵 天香館 
 
こんにちは!五街道ウォーク実行委員会外国
語学部1年の山縣です。
第一回下見1日目は不安定な天候に翻弄されながらもグループ内でプランを修正することで、甲州街道と関わりが深い場所を多数訪れる事ができました。
 
諏訪② 1日目①.png
△諏訪湖遊覧船
 
諏訪湖に浮かぶ遊覧船にてのクルージング。湖上から見える光景はとても美しく、デッキで涼しい風を感じながら、有意義な時間を過ごすことができました。
 
 
諏訪② 1日目②.png
△高島城
 
宿泊地からも見える程、堂々とそびえ立つ高島城。豊臣秀吉の家臣、日根野織部正高吉によって築城されたこの城の別名は、「諏訪の浮城」。周辺を囲む深い水堀が、その難攻不落さを物語っていました。
 
 
諏訪② 1日目③.png
△丸井伊藤商店
 
創業100年以上の信州諏訪味噌の製造工程の見学および味噌作り体験をしました。自分達で作った味噌は持ち帰り、2、3か月後に食べられるようになるそうです。歴史ある味が舌に広がる日が待ち遠しいです!
 

五街道ウォーク2019第1回下見報告 (8/21 長野県グループ①)

2019年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2020 下見 ]

長野グループ下諏訪班1班活動報告(8/21)
日付:8月21日(水)
行程:来迎寺→水月公園→慈雲寺→諏訪大社下社春宮→万治の石仏→おんばしら館よいさ→食祭館→諏訪湖博物館
 
こんにちは!五街道ウォーク実行委員会人間学部1年の高橋です。
第1回下見2日目、私たち下諏訪1班は1日目と同じく下諏訪市を中心に下見を行いました。その中の3つをピックアップして報告します。
 
諏訪① 2日目①.jpg
▲慈雲寺にて
 
写真にあるように、巨大な杉の木が並ぶ参道を通り、お参りをしました。巨大な杉の木は存在感があり、その先にひっそりと佇む慈雲寺がとても神聖な場所だと感じました。鳥居をくぐると箒目が広がり、他の寺とは異なった雰囲気を味わうことができました。
 
諏訪① 2日目②.jpg
▲万治の石仏
 
  諏訪大社下社春宮から万治の石仏に向かう道の途中に川が流れており、涼むことができました。万治の石仏は願いが叶う力があると言われており、参拝の仕方が通常の参拝とは異なっています。
 
諏訪① 2日目③.jpg
▲おんばしら館よいさにて
 
  御柱祭についての説明をして頂きました。戦前は御柱祭に女性が参加することはできなかったのですが、戦後は参加できるようになり、御柱祭の見どころの1つである木落しに参加するなど、女性の活躍も見られるようです。御柱は諏訪大社下社春宮にあるので、そこも見所です。
また、木落し体験をすることもできました。木落し体験では、映像に合わせて御柱に見立てた木が動き、想像以上に迫力がありました。実際に命をかけて木落しに参加している人達は偉大だと感じました。
 
 2日目下見を終えて、1日目に比べて多く歩くことで、諏訪市の魅力を肌で感じることができました。また、歩いて行く中で諏訪市ならではの食文化に出会うことができ、それらも取り入れながらよりよいコースづくりをしていきたいと思います!
2日間の下見を生かし、参加者の方々に満足して頂けるコースをつくり上げていきます!
 

1  2