「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

文京学院大学トップページ「五街道ウォーク」実行委員会ブログ トップページ「五街道ウォーク2018 in 中山道」 本番報告(2日目)

「五街道ウォーク2018 in 中山道」 本番報告(2日目)

2018年8月22日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2018 本番 ]

五街道ウォーク2018 in中山道 本番2区
日付:2018年8月19日(日)

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会保健医療技術学部2年の貝塚です。8月19日に実施された五街道ウォーク2018in中山道の2区の報告をします。

始めに、犬山城前の広場でオープニングセレモニーを行い2区がスタートしました。
オープニングセレモニーの後は犬山城と犬山城の城下町を巡りました。
犬山城の後は墨俣城の見学に行きました。
墨俣城は約50人の参加者が1度には入場出来なかったため、参加者を交代で墨俣城についてのクイズ等のレクリエーションをするグループと墨俣城を見学する2グループに分けましたが、混乱がなくスムーズに交代出来ました。

2つのお城を巡った後は「Japanese Dining 円相 大垣」さんにてお昼ご飯をいただきました。 実行委員、文京学院大学、中京学院大学関係なく皆で楽しく話しながら美味しくいただけました。

美味しいご飯でエネルギーをチャージして、いよいよ中山道松並木から石田三成の最後の陣のあった笹尾山までの関ヶ原の戦いを巡る歩行です。

気温約27℃、風は車から巻き起こるものくらいしかなく、日差しも照りつける中での歩行でしたので参加者の方々にとっても2区の行程の中でも少し大変なところではあったと思います。
実際、歩行中は歩き方の差や疲れからか、列の間隔が大きく広がることもあり、体調不良の参加者はいないかどうかも、1番心配したところではありました。しかし同時に、仲良く話したり、笑ったりしながら歩行している参加者も見受けられ少し安心したところでもありました。
また、お昼ご飯の時には話していなかった参加者との会話も楽しめました。

途中で関ヶ原歴史民族資料館を見学し、関ヶ原の戦いについて触れながら水分と休憩をとりました。

関ヶ原歴史民族資料館を見学後は2区の最後の目的地である笹尾山を目指して歩行しました。
歩行途中、関ヶ原の戦いの決戦の地を通過し、多くの参加者が決戦の地を写真に収めていました。
笹尾山の階段は山の傾斜を残したまま作られていたので普段歩く建物の中の階段と違い幅と高さがバラバラで登るのが大変でしたが、階段の先から望む関ヶ原を見て達成感に溢れ嬉しそうな顔の参加者や記念写真を撮る参加者も見受けられこちらまで嬉しくなりました。

笹尾山で関ヶ原を一望した後は、関ヶ原歴史民族資料館の前でクロージングセレモニーを行い、全員で記念撮影をしました。

本番前は参加者に楽しんでいただけるか、不安に思っていました。また、当日は他の実行委員の足を引っ張ることもあったかもしれませんが、クロージングセレモニーの後に参加者の方々と同じバスに乗せていただいて大垣駅まで向かいましたが、車中で参加者の方々に2区を楽しんでいただけたことが伝わり嬉しさとともにとてもホットしました。
次の五街道ウォークに向けて頑張ろうと思いました。また、五街道ウォークは多くの方に協力していただいて成り立っている事、今回のテーマである人と人との繋がりを学べました。

                       
 


△オープニングセレモニー 犬山城前△
犬山城前で全員で記念撮影をしました。