「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

文京学院大学トップページ「五街道ウォーク」実行委員会ブログ トップページ

「五街道ウォーク」とは、2年に1度、本郷・ふじみ野2つのキャンパスの学生実行委員会が企画から運営までを行い、東海道・中山道・甲州街道・日光街道・奥州街道の「五街道」と言われている日本の旧街道を駅伝方式で歩くウォーキングイベントです。2016年は中山道を予定しています。この五街道ウォークでは旧街道沿いを歩くだけではなく、周辺地域の方々とのふれあい、名所旧跡訪問、地元の産物や伝統に触れたり、地元大学との交流など多彩なイベントを企画しています。行程では「歴史や文化」「地場産業」「地域貢献」等の要素を組み込み、歩くだけでは得ることの出来ない学びやその地域の方々との交流を図ることで、本学の理念である「自立と共生」の精神を養い、人として成長することを目指しています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

五街道ウォーク2022 下見報告(2日目 甲府区)

2022年7月 6日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2022 下見 ]

日付:2022年7月3日(日)
行程:甲府ワシントンホテルプラザ→昇仙峡→さわらび→山手門→武田神社→信玄公ミュージアム→山手門→舞鶴城公園→山手門

こんにちは。五街道ウォーク実行委員会1年の佐藤です。前日に引き続き甲府の下見を行いました。二日目は途中で雨が降ってしまうこともありましたが、無事に下見を終えることが出来ました。

画像1.jpg△昇仙峡


下見二日目の最初に訪れた場所は「昇仙峡」です。昇仙峡は御岳昇仙峡とも呼ばれる、国の特別名称に指定されている景勝地です。多少雨が降っていて天気が悪かったのですが、仙娥滝を見て石門をくぐることが出来てとても楽しかったです。また、昇仙峡名物の「食べる水晶玉」も頂きました。

画像2.jpg△さわらび


次に訪れた場所は「さわらび」です。ここでは実際に自分達で1からほうとうを作って食べました。粉の状態から徐々に水を加えながら丸くしていくのはとても新鮮でした。ほうとうを切るときに太く切ってしまうと凄く噛み応えのあるほうとうになってしまいます。太くて噛み応えのあるほうとうが食べたい方にはおすすめの切り方です。

画像3.jpg△舞鶴城公園


最後に訪れた場所は「舞鶴城公園」です。舞鶴城公園は、16世紀末に築城された甲府城跡の一部で、現在は公園として開放されています。曇り空で山をはっきりと見ることは出来ませんでしたが、甲府駅周辺をグルっと見渡すことが出来ました。今度は天気が良い時に行ってみたいと思いました。

私は今回初の下見で不安でいっぱいでしたが、実際にほうとうを作り現地に訪れてみて貴重な体験が出来ました。本番は参加者の皆さんに楽しんでもらえるように頑張りたいと思います!

以上

五街道ウォーク2022 下見報告(1日目 甲府区)

2022年7月 6日 [ カテゴリ:トピックス ]

日付:2022年7月2日
行程:甲府駅→ほたる親水公園→七賢→金精軒→川遊び→スパティオ小淵沢→韮崎大村美術館→幸福の小径

こんにちは!五街道ウォーク実行委員2年の大森です。8月の五街道ウォーク本番に向けて下見を行いました。とても暑かったですが、無事1日目を終えることができました。


画像1.jpg△七賢


七賢の酒蔵の中にあるカフェで糀糖アイスクリーㇺを食べました。今までの下見では、コロナ感染対策のため、販売が停止されていましたが、今回から販売が再開されていました。他にもパフェや県産のブルーベリー、桃などを使った砂糖不使用の糀糖を使ったスムージードリンクなどがあり、とてもおいしかったです!

画像2.jpg△川遊び


暑かったので川遊びをして楽しみました。水が冷たくて気持ちよかったです。地域の子供と、一緒に遊んで楽しかったです。

画像3.jpg△スパティオ小淵沢


地元の新鮮な食材を使った料理がたくさん食べられます。特に、天ぷらがとてもサクサクしていてとてもおいしかったです。どの料理も美味しくて元気いっぱいお腹いっぱいになりました。

画像4.jpg△幸福の小径


前回の下見と違って今回は曇りで富士山などもあまり見えなくて残念でしたが、幸福の小径にある立体作品のタイトル当てゲームなどをして楽しめました。本番では晴れますように・・・。

新委員も含めた今年度初の下見でした。猛暑日の続く中での活動は熱中症や感染防止対策など、多くの課題があることを改めて実感しました。一か月後の本番までに改善させていきます!


以上

五街道ウォーク2022 下見報告(大月区 相模湖班)

2022年4月18日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2022 下見 ]

日程:4月10日(日)
行程:吉野宿ふじや→与瀬神社→相模湖公園→弁天橋→小原宿本陣

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会3年吉田です。五街道ウォーク2022に向けて下見を行いました。雲一つない快晴の4月上旬では珍しい夏日で、8月の本番をイメージして下見に臨むことが出来ました。

画像1.jpg△吉野宿ふじや


地元で出土した土器、当時の人々が使用していた生活用具、地域に生息している蝶の標本等の展示があり、周辺の歴史を知ることができました。また、施設の方より吉野宿の歴史について貴重なお話をして頂き、甲州街道の知識を深めることができました。

画像2.jpg画像3.jpg△与瀬神社


下からでは神社がどこにあるのか見当もつかないような長い階段を昇った先に本殿がありました。階段を昇るのはとても大変だったのですが、上からは相模湖を一望することが出来るので、ぜひ参加者の方にも見てほしいと思います。ただ、春という季節のためか特大のハチが神社の階段に多く生息していたので、注意が必要です!

画像4.jpg画像5.jpg△相模湖公園


相模湖畔の北側に位置しており、芝生公園や噴水広場などがあり開放的な公園でした。春らしい自然がいっぱいで、ゆったりとした時間の流れを感じることが出来ました。

画像6.jpg△弁天橋


大自然の中に橋が架かっており、幻想的な気分になりました。橋の横から水辺に降りることができ、夏日だったのですが涼しさを感じることができました。

画像7.jpg△小原宿本陣


⼩原宿本陣は、宿場の名主・問屋を務めた清水家の屋敷に備えられたもので、東海道・甲州道中に置かれた神奈川県下26本陣中、唯一現存する建造物だそうです。荘厳な佇まいであり、江戸時代に使用されていた面影を残し、タイムスリップした気分になることができました。

日帰りの下見でしたが、本番の工程を具体的に想像しながら相模湖周辺を散策することが出来ました。参加者の方の思い出に残るように本番に向けて準備していきたいと思います。

以上

五街道ウォーク2022 下見報告(大月区 日野班)

2022年4月18日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2022 下見 ]

日程:4月10日(日)
行程:トリックアート美術館→日野宿本陣→日野の渡し碑→青柳常夜灯
   →谷保天満宮→大國魂神社→家康御殿史跡広場

こんにちは!五街道ウォーク実行委員4年の間ケ部です。お天気に恵まれ、最近の中では1番暖かく心地よい環境の中で下見を行うことができました。

画像1.jpg画像2.jpg△トリックアート美術館


高尾駅にて集合し、本番で実際に歩く道を考えながら歩行しました。トリックアート美術館は想像以上に大きな施設で、入ると館内の方が楽しみ方を説明してくださり、多くの種類のトリックアートがあり魅力が満載でした。エジプトの古来の雰囲気を「見て」目の錯覚楽しむアートや実際に私たち自身が体験して写真を「撮って」楽しむものがありました。その両方を楽しむことができるので本番でも是非参加者に体験してもらいいい思い出を作ってもらいたいです。

画像3.jpg△谷保天満宮


谷保天満宮は、「学問の神様」と呼ばれる菅原道真を祀る「天神」の中の「関東三天神」の1つだそうです。三天神は、他に湯島天神、亀戸天神社があります。五街道ウォークのイベントで関東での有名な神社に訪れるのはとても良い機会になると思いました。本番でも是非訪れたいです。

画像4.jpg△大國魂神社


大國魂神社は、少し賑わっていて参拝されている方も多くいらっしゃいました。この神社は武蔵国の総社であり、また東京五社(東京大神宮、靖国神社、日枝神社、明治神宮、大國魂神社)のうちの一社です。なかなか日々の大学生活では神社にお参りすることも多くはないと思いますが、五街道ウォークのイベントだからこそできる体験を参加者の方には楽しんでもらいたいと考えています。

初めての日帰りでの下見でしたが、1日で多くの訪問地を確認することができ充実していました。私自身も楽しみながら行えたので、本番も参加者が参加して良かったと感じるようなイベントをつくり上げていきます。

以上

「五街道ウォーク2021 in 甲州街道」の中止について

2022年2月18日 [ カテゴリ:トピックス ]

日頃より「五街道ウォーク in 甲州街道」にご支援をいただき、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス(オミクロン株)の感染拡大にともない首都圏、長野県にまん延防止等重点措置が適用されておりましたが、政府により首都圏の措置については延長されることとなりました。

これを受けまして、五街道ウォーク実行委員会を開催し、感染状況を鑑み、断腸の思いではありますが、中止とすることを決定いたしました。実施可否の判断基準をまん延防止等重点措置の解除としていたため、直前での連絡となりお詫び申し上げます。

また、これまで多大なご協力をいただいており、厚く御礼申し上げます。

「五街道ウォーク2021 in 甲州街道」につきましては中止といたしますが、実施内容を改めて整え、2022年の8月に「五街道ウォーク2022 in 甲州街道」として実施する準備を始めておりますので、引き続いてのご支援、ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(3日目 諏訪班)

2022年1月13日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月28日(火)
行程:川越し公園→諏訪大社上社本宮→ 遊楽庵→ イリセン寒天工場→茅野観光協会

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会2年石渡です。
昨日に引き続き、五街道ウォーク2021年本番に向けての下見を行いました。

本日は本番と同じようにバスで移動を行い、バスルートと駐車場の確認を中心に行ってきました。

画像1.jpg△バスで行程の確認を行っている道中


当日の道路状況などで変わる非常に不安定な要素ですが、臨機応変にできるようしっかりと確認を行ってきました。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(3日目 甲府雨天班)

2022年1月13日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日程:12月28日(火)
行程:桔梗信玄餅工場テーマパーク→権六

こんにちは!五街道ウォーク実行委員3年の丹羽です。前日に引き続き、五街道ウォーク2021の下見を行いました。最終日の3日目も天候に恵まれ、本番に向けた準備を進めることができました。

画像1.jpg△桔梗信玄餅工場テーマパーク


桔梗信玄餅工場テーマパークでは、信玄餅や桔梗信玄棒、桔梗信玄プリンがどのように作られているのか見学しました。桔梗信玄餅は丁寧にひとつひとつ人の手によって包装されているということを知ることができたり、普段なかなか見ることができない工場内の様子を見たりすることができました。

画像2.jpg△長寿村 権六


権六は、山梨県の郷土料理であるほうとうを食べることができるお店です。今回、私たちは「ほうとう」や「おざら」を食べました。とても美味しくいただくことができ、参加者の皆さんにも是非ほうとうを味わってほしいと感じました。

3日間を通して、訪問地や行程の確認、委員の動きなど本番に向けた準備を進めることができ、非常に有意義な下見にすることができました。「参加して良かった!」と思っていただける体験を提供できるよう、今後も委員一同が協力して活動していきたいと思います。

以上

五街道ウォーク2021 下見報告(2日目 諏訪班グループ2)

2022年1月12日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2021 下見 ]

日付:2021年12月27日(月)
行程:川越し公園→諏訪大社上社前宮・本宮→遊楽庵→イリセン寒天工場
   →茅野市民館

こんにちは!五街道ウォーク実行委員会1年渡部です。
来年2月開催予定の五街道ウォーク2021㏌ 甲州街道に向けて下見を行いました。直前下見ということで、参加者目線でルートを確認することできました。

画像1.jpg画像2.jpg画像3.jpg△諏訪大社上社前宮


諏訪大社の明神は古くから風・水の守護神で五穀豊穣を祈る神として、また武勇の神として広く信仰されており、現在では生命の根源・生活の源を守る神と崇められています。前宮の中には「水眼(すいが)」と呼ばれている清流があります。山中より湧出する清流は、前宮の神域を流れるお手洗川となり、昔からご神水として大切にされていました。その水眼が冬の寒さから一部が凍っていました。これは冬の諏訪ならではの光景です!

画像4.jpg画像5.jpg△遊楽庵


お昼は、「遊楽庵」というお蕎麦屋さんに行きました。右上のいなりの中身はご飯ではなく、お蕎麦になっています。本番で同じものをいただくので、参加する方は楽しみにしていてください!


画像6.jpg画像7.jpg画像8.jpg画像9.jpg画像10.jpg△イリセン寒天工場


イリセン寒天工場では、寒天の歴史を知るとともに寒天作り体験をさせていただきました。寒天の作り方の工程は、「1.海藻洗浄→2.大釜での煮込み→3.液体をもろ蓋に流し込む→4.天日出し→5.天日干し」となっています。
私たちは4.天日出しの体験をしました。包丁で切られた寒天を野外に手作業で干していくというものです。体験時とても寒かったですが、とても貴重な体験をさせていただきました!
その後、ところてんと寒天を初めていただきました。食物繊維の寒天は、スープ・お菓子・サラダなど、たくさんの食べ方があるのだと知ることが出来ました。イリセン寒天工場では、個人のライフスタイルに合った「新しい食べ方」を提案しています。この体験を通して、参加者の方がより寒天に興味を持っていただけたら嬉しいです。
冬の開催となりますが、空気の澄んだ大自然に囲まれた五街道ウォークは貴重なイベントになると思いました。本番はさらに寒くなると地域の方にお聞きしたので、防寒対策をしっかりとして楽しく思い出に残るイベントにしていきたいです!

以上

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11