「五街道ウォーク」実行委員会ブログ

「五街道ウォーク」実行委員会の公式ブログです!

「五街道ウォーク」2016|文京学院大学

文京学院大学トップページ「五街道ウォーク」実行委員会ブログ トップページ

「五街道ウォーク」とは、2年に1度、本郷・ふじみ野2つのキャンパスの学生実行委員会が企画から運営までを行い、東海道・中山道・甲州街道・日光街道・奥州街道の「五街道」と言われている日本の旧街道を駅伝方式で歩くウォーキングイベントです。2016年は中山道を予定しています。この五街道ウォークでは旧街道沿いを歩くだけではなく、周辺地域の方々とのふれあい、名所旧跡訪問、地元の産物や伝統に触れたり、地元大学との交流など多彩なイベントを企画しています。行程では「歴史や文化」「地場産業」「地域貢献」等の要素を組み込み、歩くだけでは得ることの出来ない学びやその地域の方々との交流を図ることで、本学の理念である「自立と共生」の精神を養い、人として成長することを目指しています。

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

2017年12月2日(土) 五街道ウォーク2018 in 中山道 中間報告会&相談会を開催しました!

2018年1月18日 [ カテゴリ:イベント ]

 みなさんこんにちは!五街道ウォーク実行委員会 経営学部1年の清水です。

 

 12月2日に、本学にて「五街道ウォーク2018 in 中山道 中間報告会&相談会」を開催いたしました。

 

 この会は、歴代の五街道ウォーク(2012年、2014年)や、その前身の東海道五十三次ウォーク(1994年、1998年、2001年、2004年、2006年、2008年、2010年)を作り上げてくださった元実行委員の方々と教職員の方々、そして現実行委員が交流する場として3年前から始まり、今回は、卒業生12名、4年生7名の方々にご参加頂きました。

 

 第一部では中間報告会を開催し、中間報告プレゼンテーション(五街道ウォーク 2018 in 中山道の概要についてなど)や、グループディスカッション(訪問地域と歩行コースについて、卒業生・4年生への質問)などを行いました。参加者の方々に如何に魅力を伝えることができるか、参加者目線の意見を貰い、参加者の方々に満足してもらえるコースにすることができるかなど、先輩方が意識して取り組んでいたポイントについて学ぶことができ、これから私たちが取り組むべき課題を明確にすることができました。

 

20171202_gokaido_obog-1.jpg

▲第一部グループディスカッションの様子

 

20171202_gokaido_obog-2.jpg

▲第二部懇親会の様子

 

 第二部では懇親会を行い、食事をしながらの会話や五街道に関するクイズなどをすることで、更に先輩方との親交を深めることができました。また第一部で聞くことが出来なかった他の先輩方からのアドバイスや、五街道実行委員会に所属していて良かったこと、大変だったことなどの思い出話を聞くことができました。

 

 最後に、この会を経て五街道ウォークや東海道五十三次ウォークを経験した先輩方のアドバイスは参考になりました。五街道ウォーク2018を魅力的なイベントにすることが出来るように努めていきたいと思います。また、先輩たちの意見を頂ける貴重な機会であるこの会をこれからも続けていきたいです!

2017年11月12日 中京学院大学大学祭「満天星花の木祭」で広報活動をしてきました!

2017年12月13日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

こんにちは!
五街道ウォーク実行委員会 経営学部1年 加藤です。
 
 11月12日(日)に岐阜県(中津川市・瑞浪市)にある中京学院大学大学祭「満天星花の木祭」に五街道ウォーク実行委員会4名、文京祭実行委員会4名、教職員2名の合計10名で参加してきました。文京祭実行委員会はおでんを販売、五街道ウォーク実行委員会は来年開催される「五街道ウォーク2018」の広報活動をしながら本学のPRをしてきました。
 学園祭前日に中京学院大学に到着した際、学園祭実行委員の皆様が温かく迎えてくださり、実行委員会のオリジナルのユニフォームもいただきました。
 
 
中京4.png
 
△野外ステージで広報活動をする五街道ウォーク実行委員と文京祭実行委員の学生
                                             
 
 
中京5.png
  
△中京学院大学の学生と本学学生
 
 
 
 また、本学の出展ブースには中京学院大学の実行委員会の皆様が一生懸命作ってくださった素晴らしい看板や、キャンパスの至る所に本学の掲示物が貼ってあり、とても感動しました。ブース作成中に悩んでいるとすぐに「何かできることはありますか」と気にかけていただきとても心強かったです。
 
 五街道ブースでは、多くの方に中京さんと本学との関係や五街道ウォークこのことを知ってもらうことが出来ました。当初、私は「五街道ウォークを知ってもらう」という目標をもってこの2日間臨みましたが、初めて外部でアピールをすることに戸惑ってしまい、最初はあまりうまく魅力を伝えることが出来ず、悔しい思いをしました。
 
 しかし、先輩が魅力を一生懸命伝えている姿と、聞いてくださった方々が興味を示してくださったのを見ていたら、「気持ちを伝えようとすればしっかりと相手に伝わるんだ」と実感しました。
 
 今回無事に活動できたのも中京学院大学のみなさん、そして沢山の関係者の皆様のご協力があってできたことです。これからも、両大学間で様々な交流を通して、関係を発展させていきたいです。また、今回自分が経験したことを委員会全体に共有して、五街道ウォークの活動に活かすことが出来ればと思っています。
 
 最後に、中京学院大学の皆様、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。
 
中京3.png
 


続きを読む

2017年10月21日・22日「第53回文京祭」出展報告【五街道ウォーク実行委員会】

2017年12月 4日 [ カテゴリ:他大学交流 ]

 皆さんこんにちは!五街道ウォーク実行委員会です。10月の21日、22日に「第53回 文京祭」が開催されました。

 私たち学生実行委員は去年に引き続き模擬店を出店し、岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドックを販売しました。さらに今回の文京祭では初の試みとして、今年3月に協定を結んだ中京学院大学の学生さんと共同でベトナム料理のフォーを、また別のブースでは瑞浪市の農産物直売所「きなぁた瑞浪」から取り寄せたボーノポークウィンナー、はちみつ、ビーフジャーキーなどの名産品を販売しました。

 

2日間とも雨に見舞われお客さんが来てもらえるか心配していましたが、両大学の学生同士が協力し合い、たくさんの方に買ってもらうことができました。

 

また、岐阜県の中津川市役所の方々にも文京祭にご参加くださり、昨年も大好評だった栗きんとんをはじめとした中津川名物の和菓子を販売する模擬店を出店してくださいました。

 

今年は五街道ウォーク2016でお世話になった、中京学院大学、中津川市、瑞浪市、と多くの方に協力していただき一緒に文京祭を盛り上げることができました。大学という枠を超え、他大学や自治体の皆さまと交流できたことはとても貴重な経験だと思います。

 

 これからも五街道ウォークから生まれた縁を大事にしていくとともに、来年の五街道ウォーク2018に向け委員一同頑張っていきたいと、改めて強く思いました。

 

最後に、文京祭に来てくださった中京学院大学、中津川市役所の皆さま、名産品を提供して頂いた「きなぁた瑞浪」の皆さま、本当にありがとうございました。

 

 

20171021_bgufes_gokaido1.jpg

 

20171021_bgufes_gokaido2.jpg

 

▲瑞浪市の特産品販売とベトナム料理フォーのブースに出店した中京学院大学の皆様

 

 

20171021_bgufes_gokaido3.jpg

 

▲岐阜県瑞浪市のブランド豚であるボーノポークを使ったホットドック

五街道ウォーク2018 第1回下見報告(8/25 滋賀・京都WG)

2017年9月19日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2018 下見(2017年8月) ]

滋賀・京都グループ歩行班B活動報告(8/25)

日付:2017年8月25日(金)

行程:蹴上インクライン→南禅寺→琵琶湖疏水記念館→

→平安神宮→からふね屋珈琲店→三条大橋→舞扇堂

 

 こんにちは!五街道ウォーク実行委員会外国語学部1年関根涼です。第一回下見3日目、私たち滋賀~京都歩行班Bは京都市を中心に観光しました。朝方は日が照っておらず涼しかったのですがだんだん日が照りはじめ暑くなってきました。

 

 まず始めに米原駅から蹴上駅へ行き、蹴上インクラインを見学しました。普通の鉄道よりとてもレールの幅が広かったです。「ブラタモリ」でも紹介されており、一度入ってみたいと思っていたので見学できてよかったです。

 

 

1.jpg

△蹴上インクライン

 

 次に徒歩で南禅寺に向かいました。三門の中に入り上まで上りました。階段が急で頭上が低いので背の高い人は頭上要注意です。水路閣はレンガづくりで少しレトロな雰囲気でした。サスペンスドラマでもよく出てきているところで何回もテレビで見ましたが実際に見るのは初めてでとても感動しました。

 

2.jpg

△南禅寺 水路閣

 

 続いて琵琶湖疎水記念館に向かいました。ここには琵琶湖疏水に関する歴史などがよく理解できる博物館のような場所です。琵琶湖と京都の間に高低差があることは初めて知りました。蹴上付近の模型があり周辺の構造がわかりやすかったです。屋外に実際に疏水の出口トンネルがあり、すごい勢いで水が流れていました。

 

 

3.jpg

△琵琶湖疏水記念館

 

 それから徒歩で平安神宮に向かいました。鳥居がとても大きくてびっくりしました。

 

 

4.jpg

△平安神宮

 

 そして昼食場所の角谷は臨時休業となっていたため、近くにあったからふね屋珈琲店で昼食をとりました。

 その後ゴール地点候補である三条大橋に行きました。ここは十分な広さがありゴールセレモニーを行うには最適な場所だと思いました。水の流れも涼しげな感じがしました。サギなどの鳥が多かったです。

 

 

5.jpg

△三条大橋付近(ゴール地点)

 

 最後に舞扇堂で扇子の絵付け体験をしました。自分以外のメンバーの絵付けのクオリティが高く自分のが大変貧相に見えました。やはり扇子の絵付け体験だけにセンスが問われます。

 

6.jpg

△舞扇堂 絵付け体験

 

 今回の下見で新しい知識をたくさん身につけることができました。来年の本番で一般参加者の方に興味を持ってもらえるようにもっと中山道に関する知識をつけていきたいです。    

 


記事担当◆外国語学部1年 関根涼

五街道ウォーク2018 第1回下見報告(8/25 岐阜WG)

2017年8月26日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2018 下見(2017年8月) ]

岐阜グループ観光班 活動報告(8/25)
日付:2017年8月25(金)
行程:桃配山→関ケ原町歴史民俗資料館→不破関資料館→関ヶ原駅→常磐御前の墓→今須峠→大谷吉継の墓→笹尾山

 

 こんにちは、五街道ウォーク実行委員会外国語学部1年生の田村です。下見最終日の今日、私達岐阜グループ観光班は関ヶ原を中心に下見をしました。

 

△桃配山

 桃配山では、関ヶ原の戦いにおける徳川家康最初陣地を見ることが出来ました。

 

△関ケ原町歴史民俗資料館

 関ケ原町歴史民俗資料館では、関ヶ原の戦いに至った経緯や戦いに参加した武将達の歴史、また、戦いの一部始終を模型をもとに学ぶことができました。

 

△笹尾山石田三成陣跡からの眺め

 笹尾山では、関ヶ原の戦いで石田三成が本陣を構えた場所を見学してきました。本陣からは関ヶ原の町を一望でき、景色がとても綺麗でした。

 

△笹尾山交流館にて甲冑体験
 その後、甲冑(かっちゅう)体験をしました。甲冑は偽物であってもかなり重く、甲冑を着て戦に参加することの大変さを実感しました。


 下見最終日の報告は以上です。
 下見の行程は全て終了したので、これからは本番に向けて尽力したいと思います。

                  記事担当:外国語学部1年生 田村駿介
 

五街道ウォーク2018 第1回下見報告(8/25 滋賀WG)

2017年8月25日 [ カテゴリ:五街道ウォーク2018 下見(2017年8月) ]

日付:2017年8月25(金)
行程:絵馬通り→多賀大社→一志郎窯→河内の風穴

 


 こんばんは!五街道ウォーク実行委員会保健医療技術学部1年須賀です。

 下見2日目は彦根市をを散策し、本日3日目は行動範囲を広げ、多賀町にも訪れました。