<

創立90周年整備計画

文京学院は2014年に創立90周年を迎えます。

文京学院 90周年整備計画|文京学院大学

文京学院大学トップページ創立90周年整備計画 トップページトピックス一覧

トピックス一覧

<前へ1  2

タイル製品検査

2013年6月17日 [ カテゴリ:トピックス ]

5月14日(火)に外装のタイル製品検査に行ってきました。

 2月25日に決めた色合いをチェック 

目地を入れた状況で最終確認をするとして、今回の製品検査は終了いたしました。

新S館には、約20万枚のタイルを使用するとのことで、これからタイルを焼いていくとのことでした。

 

構台組立

2013年4月15日 [ カテゴリ:トピックス ]

杭工事が3月末に終了しました。4月から地下部分の掘削工事に入りました。(一次根切り、山留工事)

 現在は切梁・桟橋構台の組立を行っております。

杭工事が終わり、掘削工事(一次根切り)のための土を搬出中です

 

 

一次根切りが完了し、切梁・桟橋構台組立準備中です

切梁・桟橋構台を組立中です

 

杭工事

2013年3月14日 [ カテゴリ:トピックス ]

現在、建物を支える一番大事な杭工事を施工しています。

新S館の大空間を支える杭は、端部で深さ23m、直径3.4mの円柱になる巨大なものです。

杭の掘削(掘削する土量は80m3/1本です)

鉄筋挿入(杭1本に入る鉄筋は約3.5ton)

コンクリート打(80m3/1本)

 

 

 

 

S館の壁画

2013年3月 7日 [ カテゴリ:トピックス ]

S館の象徴でもあった壁画を新S館に再現できないか検討をしました。大きな壁面をどのように解体するか試行錯誤しました。

 

壁面全体一枚の板として切り取り保存することができないか検討しましたが、壁画の下地となっている裏面のコンクリートの亀裂が多く、部分的に切り取って残すことに決めました。

 

 

壁面は大型カッターで切り取りました。

 

外装タイル

2013年2月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

先日の総合定例前に実施した外装タイルの確認を22日に副理事長と共に行いました。

本郷通りに面した壁面と比較し確認しました。

 

 日差しに当ててみた感じを比較しました。

 

 下記のタイルの色合いで外装を構成することにしました。

試験杭

2013年2月20日 [ カテゴリ:トピックス ]

本日より杭打ち工事が始まりました。

今日は試験杭。

支持層までの各深度の土質サンプルを調査。

 

 支持層付近のサンプルを採取し、支持層を確認。

 

 

 

第一回総合定例

2013年2月16日 [ カテゴリ:トピックス ]

2月15日(金)、新S館(仮称)建替工事の第一回総合定例が行われました。

最初に外装タイルの見本焼きを確認しました。

昨年の10月から何度も調整されたそうです。

 

ただ、あいにくの雨模様だったので、次週晴れている日に再度確認することになりました。

 

安全祈願祭

2013年2月 9日 [ カテゴリ:トピックス ]

2月7日(木)、新S館建替工事の安全祈願祭が執り行われました。

式の開始前に、これから建設されるS館のイメージ図をみながら、現場説明を受けました。

 

清水建設の関係者の方々と本学関係者にて記念撮影

 

安全祈願祭は根津神社より斎主をお迎えし、執り行いました。

玉串奉奠の儀では、本学からは、理事長・学園長、学長、副理事長、校友会会長、学生自治会長が玉串を納めました。

 

いよいよ、本体工事が始まります。

 

 

<前へ1  2