創立90周年整備計画

文京学院は2014年に創立90周年を迎えます。

文京学院 90周年整備計画|文京学院大学

文京学院大学トップページ創立90周年整備計画 トップページ2013年11月の記事一覧

2013年11月の記事一覧

1

ファサード(東面)

2013年11月29日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月29日(金)、本郷通りに面した東面のPC版の1,2階部分が取り付けられました。

アーチの下の位置に、本学の校訓である

SINCERITY

DILIGENCE

BENEVOLENCE

の文字が設置されます。

 

道路の反対側から低層部の全景写真です。

左側のガレリアの雰囲気も感じられるようになりました。

ファザードは新S館の顔となる部分でもあるので、完成が楽しみです。

サッシュ検査

2013年11月28日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月26日(火)  サッシュ(カーテンウォール)検査をサッシュメーカーの大垣工場にて行いました。

本郷通りに面した1,2階の外装部分でスリムな縦のマリオン(縦桟)で構成されます。

現場と同じようにモックアップした形でサッシュを検査しました。検査は無事終了しました。

現場に取りつくのが楽しみです。

 

検査項目は、寸法検査、膜厚検査、色調検査、開閉検査、仕口検査、外観検査、各部の納まりの確認、排水経路の確認等をいたしました。

本カーテンウォールは建物の顔になるため、細部にわたり確認をし、無事検査が終了いたしました。

 

 

 

 

現場見学

2013年11月22日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月21日(木)午前中に現場の状況確認を確認しました。

建築を担当している清水建設大畑所長より説明を受けました。

10階からの眺望。スカイツリーも見えます。

新校舎の目玉であるエスカレーターも設置されました。

いつも定点写真を撮っている場所がこちらです。(B館屋上)

11月21日の定点撮影。タイル打ち込みのPC版も9階まで取りつき全貌が見えてきました。

昨日、本設のタワークレーンを解体するためのタワークレーンを設置しました。(本設の右に見えます)

記念館の広場より南面を撮影。

南面(記念館)からの眺望。記念館とマッチした外観となっています。

 

 

 

上棟

2013年11月16日 [ カテゴリ:トピックス ]

90周年整備計画のブログ更新を怠っておりました。楽しみにしていた方、申し訳ございません。

前回の更新はタワークレーンが現場に組み立てられたところまででした。

先週末に、鉄骨工事が完了し上棟いたしました!

6月21日(金)   地下外壁の位置に山留が施工され、地下の躯体工事を行っています。

7月19日(金)   1階床躯体が半分ほど出来上がりました。手前半分は地下1階の躯体工事中です。オレンジ色の部分は鉄骨の柱が立つ位置で鉄骨の建て方までの養生シートです。

7月26日(金)   1階の床が完成し鉄骨立て方の準備中です。

8月20日(火)   急ピッチで鉄骨の立て方を行っています。手前側には1階から2階への大階段が組みあがっているのが見えます。

9月12日(木)   6階の床まで鉄骨が出来上がりました。長く伸びていたクレーンの支柱もほとんど隠れてきました。

10月3日(木)   8階の床まで鉄骨が組みあがりました。D館、センタービルが隠れるようになってきました。クレーンはリフトアップしてさらに高い位置にセットされました。

10月18日(金)   10階の床まで鉄骨が組みあがりました。センタービルもほとんど見えなくなりました。。低層部からタイルを打ち込んだプレコンが取りつき始めています。

10月28日(月)   11階まで鉄骨が組みあがりました。

11月14日(金)塔屋まで鉄骨が組みあがり、上棟しました。プレコン工事もどんどん進み建物の形が見えてきました。ガレリア部分のアーチが見えます。

 

 

1