創立90周年整備計画

文京学院は2014年に創立90周年を迎えます。

文京学院 90周年整備計画|文京学院大学

文京学院大学トップページ創立90周年整備計画 トップページ2013年2月の記事一覧

2013年2月の記事一覧

1

外装タイル

2013年2月25日 [ カテゴリ:トピックス ]

先日の総合定例前に実施した外装タイルの確認を22日に副理事長と共に行いました。

本郷通りに面した壁面と比較し確認しました。

 

 日差しに当ててみた感じを比較しました。

 

 下記のタイルの色合いで外装を構成することにしました。

試験杭

2013年2月20日 [ カテゴリ:トピックス ]

本日より杭打ち工事が始まりました。

今日は試験杭。

支持層までの各深度の土質サンプルを調査。

 

 支持層付近のサンプルを採取し、支持層を確認。

 

 

 

第一回総合定例

2013年2月16日 [ カテゴリ:トピックス ]

2月15日(金)、新S館(仮称)建替工事の第一回総合定例が行われました。

最初に外装タイルの見本焼きを確認しました。

昨年の10月から何度も調整されたそうです。

 

ただ、あいにくの雨模様だったので、次週晴れている日に再度確認することになりました。

 

安全祈願祭

2013年2月 9日 [ カテゴリ:トピックス ]

2月7日(木)、新S館建替工事の安全祈願祭が執り行われました。

式の開始前に、これから建設されるS館のイメージ図をみながら、現場説明を受けました。

 

清水建設の関係者の方々と本学関係者にて記念撮影

 

安全祈願祭は根津神社より斎主をお迎えし、執り行いました。

玉串奉奠の儀では、本学からは、理事長・学園長、学長、副理事長、校友会会長、学生自治会長が玉串を納めました。

 

いよいよ、本体工事が始まります。

 

 

S館解体工事順調に進行中

2013年2月 4日 [ カテゴリ:イベント ]

平成24年9月から着手しているS館解体工事は、順調に進行しており、現在は、既存の杭抜き工事を行っています。

いよいよ新S館(仮称)の本体工事が始まりますが、いままでの解体工事の様子を掲載いたします。

 

まずは平成16年に増築した箇所を解体し、昔のS館が現れました。(平成24年9月27日撮影)

 

S館の屋根を壊し、重機を入れて解体をしていきます。(平成24年10月19日撮影)

 

7階部分を解体。(平成24年11月2日撮影)

 

 6階部分を解体。(平成24年11月9日撮影)

 

 

4階部分を解体。(平成24年11月17日撮影)

 

2階部分を解体。(平成24年11月27日解体)

1