創立90周年整備計画

文京学院は2014年に創立90周年を迎えます。

文京学院 90周年整備計画|文京学院大学

文京学院大学トップページ創立90周年整備計画 トップページ

本ブログは、文京学院の創立90周年を記念する事業として、本郷キャンパスの整備を行なう「文京学院90周年整備計画」の進捗等をご紹介するものです。 完成まで是非ご覧下さい!

1  2  3

S館竣工

2014年2月28日 [ カテゴリ:トピックス ]

昨年2月より建替工事をしておりました新S館が竣工いたしました。

これから、家具や視聴覚設備、ネットワーク設備の導入に入ります。

 

5階の大教室(収容人数:329名)

 

S館の顔ともいえる3連アーチ

本学の校訓

・SICERITY(誠実)

・DILIGENCE(勤勉)

・BENEVOLENCE(仁愛)

が表示されています

 

S館の外観

近くで見ると大きかったサインは建物全体からするとちょうどよい大きさに見えます

 

新S館最大の特色である「キャンパスガレリア」

1階から4階までの吹き抜けは壮大です

 

竣工まじか

2014年1月27日 [ カテゴリ:トピックス ]

外部足場が解体され、建物全容が現れました。

いよいよ竣工まじかです。

 

 

 

外壁サイン

2014年1月 9日 [ カテゴリ:トピックス ]

足場がかかっている時に外部サインの確認に行きました。

近くで見ると大きいです。

 

 

 

メモリアルウォール

2013年12月12日 [ カテゴリ:トピックス ]

本郷西キャンパスの正門横に位置するメモリアルウォールの上部を飾る臥梁に、本学の建学の精神である「自立と共生」をデザインした「INDEPENDENCE AND CO-EXISTENCE」の文字が設置されました。コンクリートに文字を掘り込んでいますので、風雨にさらされても朽ちることなく来校者の目に触れ続けることでしょう。

メモリアルウォールには、S館に設置されていた壁画の一部を組み込み、学園の歴史を表示する予定です。

「自立と共生」の文字は、今回初めて本郷キャンパスの外部空間に表現されました。

 

理事長現場確認

2013年12月12日 [ カテゴリ:トピックス ]

12月12日、建設中の新S館を理事長が確認をいたしました。

外装のプレコン取り付け工事もほぼ完了し、内装工事を急ピッチで施工しています。

現場長、設計長の案内によりほぼ全フロアーを確認いたしました。

理事長からも現場の方々に激励をされていました。

ファサード(東面)

2013年11月29日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月29日(金)、本郷通りに面した東面のPC版の1,2階部分が取り付けられました。

アーチの下の位置に、本学の校訓である

SINCERITY

DILIGENCE

BENEVOLENCE

の文字が設置されます。

 

道路の反対側から低層部の全景写真です。

左側のガレリアの雰囲気も感じられるようになりました。

ファザードは新S館の顔となる部分でもあるので、完成が楽しみです。

サッシュ検査

2013年11月28日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月26日(火)  サッシュ(カーテンウォール)検査をサッシュメーカーの大垣工場にて行いました。

本郷通りに面した1,2階の外装部分でスリムな縦のマリオン(縦桟)で構成されます。

現場と同じようにモックアップした形でサッシュを検査しました。検査は無事終了しました。

現場に取りつくのが楽しみです。

 

検査項目は、寸法検査、膜厚検査、色調検査、開閉検査、仕口検査、外観検査、各部の納まりの確認、排水経路の確認等をいたしました。

本カーテンウォールは建物の顔になるため、細部にわたり確認をし、無事検査が終了いたしました。

 

 

 

 

現場見学

2013年11月22日 [ カテゴリ:トピックス ]

11月21日(木)午前中に現場の状況確認を確認しました。

建築を担当している清水建設大畑所長より説明を受けました。

10階からの眺望。スカイツリーも見えます。

新校舎の目玉であるエスカレーターも設置されました。

いつも定点写真を撮っている場所がこちらです。(B館屋上)

11月21日の定点撮影。タイル打ち込みのPC版も9階まで取りつき全貌が見えてきました。

昨日、本設のタワークレーンを解体するためのタワークレーンを設置しました。(本設の右に見えます)

記念館の広場より南面を撮影。

南面(記念館)からの眺望。記念館とマッチした外観となっています。

 

 

 

1  2  3