本学について|文京学院大学

本学について|文京学院大学

文京学院大学トップページ 本学について教員養成に関する情報の公開

教員養成に関する情報の公開

教員養成の目標
 「自立と共生」という建学の精神に立脚し、人間の生涯発達の全体にわたる人間理解を基礎に共生社会の実現に貢献しうる人材の育成を目指す。具体的には、(1)乳幼児・児童・生徒の発達に寄り添う実践力のある教員、(2)グローバル社会、コミュニティとの関係を深く理解した視野の広い教員、(3)児童・生徒の心理に対する深い洞察力をもった教員の養成を目指す。

目標を達成するための計画

1. 大学特別科目として「人間共生論」「地球環境論」など全学生が学ぶべき共通科目を配する。大学への適応や将来設計の基礎として、初年次から「基礎演習」「実習基礎演習」(人間)や「初年次セミナー」(外国語)、キャリア教育等を行い、教員に必要な基礎技能を育成する。
2.体系的に整備された順次教育型カリキュラムにおいて、1、2年次から保育・教育現場にふれ、理論と実践を往復して学修することにより、専門性の育成をはかる。
3.併設幼稚園、併設中等学校、保育実践研究センターなどの学内施設、学校インターンシップなど、身近な保育・教育現場に実践的かつ主体的に参加し他者と協働的な問題解決を体験する。人間学部では、1年から4年まで実習科目を配置し、現場と大学を往復しながら理論と実践を結びつける。心理系科目により乳幼児・児童に対する理解を深めるとともに「音楽」「図工」「体育」「表現」に関連する科目、教育・保育方法に関連する科目を各学年に配置し表現力を培い、より高い実践力を身に付ける。外国語学部では、一年次から体系的に教職に関する科目を配置するとともに、英検やTOEICなどの外部検定試験の判定を基準とする履修要件を3、4年次に設けることで、学校現場に求められる語学力を保障する。

教員の養成に係る組織 及び 教員数、教職に係る授業科目

 ↓                       
ふじみ野キャンパス 教職課程センター
本郷キャンパス 教職課程センター

教員の学位および業績、担当教職科目

人間学部児童発達学科 
外国語学部 

各教員が担当する授業科目、科目の授業方法および内容、計画

人間学部児童発達学科(シラバス)
外国語学部(シラバス)

卒業者の教員免許状の取得状況 

(1)大学(2020年度)
 人間学部
  幼     86
  小     32
 外国語学部
  中(英語) 11
  高(英語) 11
(2)大学院(2020年度)
 人間学研究科
  幼      1
 外国語学研究科
  中(外国語) 0
  高(外国語) 0

卒業者の教員への就職状況

(1)大学(2020年度)
 人間学部
  幼     24
  小     18
 外国語学部
  中     4
  高     3
  特支    1 
(2)大学院(2020年度)
 人間学研究科
  幼     0     
 外国語学研究科
  中(外国語)0
  高(外国語)0


教員養成教育の質向上のための取り組み
 

 本学の教職課程では、特色あるカリキュラムを運営するとともに、少人数のきめ細やかな指導の行き届く授業クラスの設定に努めている。とくに表現力やコミュニケーション力の育成につながるような科目や教育内容を重視している。また人間学部では、最終学年に、「地域と学校」「総合表現特講」「ブラッシュアップ英語」「教育臨床特講」等の選択必修科目を設け、現代的な教育課題を担いうる知識とスキルを持つ教員の養成に努めている。
 教科の指導法等の科目においては、主に教育実践・実務経験のある教員が担当し、模擬授業を取り入れるなど実践力の養成を重視している。また、教師論、道徳教育の理論と方法、特別活動の指導法、生徒指導論、教育相談論等の教職に関する科目では、現代的な教育課題を積極的に取り上げるとともに、その課題に対する省察の機会を重視している。
 また教職実践演習では少人数教育を徹底し、学生が身に付けた資質能力が、教員として最小限必要な資質能力として有機的に統合され、形成されたかについて最終確認ができるよう「履修カルテ」を活用し、授業を構成している。
 教育委員会や併設幼稚園・中等学校、地域公立学校との連携を重視し、学校ボランティアや地域ボランティア、地域連携活動など、学生が幼児・児童生徒理解を深め、実践力を培うための場を提供している。
履修カルテを通じて学生が毎年の学修の成果を振り返り、その自己評価に対して教員がコメントを行い、また個別面談の機会などを通じて、4年間を見通した教職課程の学修が適切に行われるように支援している。