本学について|文京学院大学

本学について|文京学院大学

文京学院大学トップページ 本学について地域の声×学生の声

地域の声×学生の声

top_title.jpg

btn01_f2.gif btn02.gif btn03_f2.gif btn04_f2.gif

 

backbtn.gif

 

 

地域の声、学生の声

 

voice02_title01.gif

 

写真 私はふじみ野市で障害者の地域生活を支援する活動をしています。
現在、BICSには、「地域委員」という立場で参加していますが、この組織は、地域とともに、大学全体でボランティア事業の運営に取り組むというもので、今までの個人単位のボランティア活動とは違ったとても新しい試みだと思いました。
BICS設立当初は、学生委員さんたちが頼りなく思えた時もありました。しかし、一緒に地域の福祉を考えていくうちに、学生ならではの積極的に実行に移す、そのフットワークのよさ、成長の早さに今では頼もしさを感じています。とくに大学祭での「まるびぃ福祉ショップ」にはたくさんの地域の方が訪れ、学生と障害者の間でも和気あいあいのムードが生まれていました。
また、学生さんたちが私たちの活動をパネルにして地域の人たちに伝えてくれたりもしました。 大学の授業で知る知識と実際の地域、現場で感じ取るニーズは違います。これからも、学生さんたちに地域の方々の真のニーズを伝えながら、福祉現場を案内する役割を担っていきたいと思っています。

voice02_title02.gif
BICSには、地域で福祉活動をされている地域委員の方々と先生方と学生とで構成されている企画推進委員会があります。そこでは定期的に会議が行われ、地域委員の方々からは、社会人の視点で、学生のボランティア活動についてのアドバイスをいただいています。また、地域住民にしか知り得ないような現場の声など学生たちのわからない現状について知ることができますし、地元に密着した情報も聞かせていただけるので勉強になります。今後、委員長として地域委員の方々、先生方、学生委員の仲間が共に協力し合いながら、「BICSは、ただボランティアに参加できるということだけではなく、企画立案の段階から立ち会えること、新しいボランティアづくりに参加できること」を広めていきたいと考えています。 写真