大学院|文京学院大学

大学院|文京学院大学

教員紹介

一覧に戻る
名前 福井 勉 (Tsutomu Fukui) 福井 勉
職名

教授

最終学歴

昭和大学

学位

医学博士(昭和大学,整形外科)

主な経歴

昭和大学藤が丘病院,東京都立医療技術短期大学,昭和大学藤が丘リハビリテーション病院主任,昭和大学医療短期大学助教授,昭和大学保健医療技術学部助教授を経て現在に至る。昭和大学客員教授,茨城県立医療大学非常勤講師

専門分野

運動器疾患の理学療法・動作分析の臨床応用

研究課題
(主なテーマ)

関節モーメントと腱炎の関係
スポーツ外傷の発生要因
単関節筋と二関節筋個別トレーニング
皮膚・筋膜の運動方向性
理学療法実技教育におけるマルチメディア教育

研究業績
外部資金その他競争的資金の受入・採択

[著書]
 理学療法ハンドブック(協同医書),整形外科理学療法の理論と技術(メジカルビュー),整形外科体操療法実践マニュアル(全日本病院協会出版会),膝疾患保存療法(金原出版),スポーツ外傷・障害の理学療法(文光堂),図解理学療法ガイド(文光堂),整形外科有痛性疾患保存療法のコツ(全日本病院協会出版会),スポーツ傷害の理学療法(三輪書店),呼吸運動療法の理論と技術(メジカルビュー),評価から治療手技の選択(文光堂),筋力(医歯薬出版),臨床実習フィールドガイド(南江堂),運動学(中外医学社),基礎理学療法学(医学書院),理学療法辞典(医学書院),ザ歩行(アイペック), ザ体力(アイペック),図解理学療法検査・測定ガイド(文光堂),理学療法のとらえかた4(文光堂),今日の治療指針2008年版(医学書院),運動学要点整理ノート(羊土社),二関節筋(医学書院),退行変性疾患の理学療法(医歯薬出版),運動療法学:障害別アプローチの理論と実際(文光堂),結果の出せる整形外科理学療法(メジカルビュー),姿勢調節障害の理学療法(医歯薬出版),皮膚運動学(三輪書店),ブラッシュアップ理学療法(三輪書店),復帰を目指すスポーツ整形外科(メジカルビュー),皮膚テーピング(運動と医学の出版社),Skin Taping Skin Kinesiology and Its Clinical Application(Miwa-Sshoten)など
[論文]
In which direction does skin move during joint movement? (Skin Research and Technology,2015) An Educational Visual Material for Joint Moments in Evaluation of Posture and Movement.(WCPT),The relationship between Hip-Knee Joint Moments and Pelvic Tilt during Squatting.(WCPT),The relationship between saggital and frontal moment of the hip during pelvic sway movement.(ISB),Pelvic movement pattern during squatting(ISEK),筋・腱付着部損傷の治療―リハビリテーション―(MB Orthopaedics、2014),皮膚運動学の応用(臨床スポーツ医学,2014),鼠径部・股関節周囲筋のstiffnessに対するアプローチ(臨床スポーツ医学,2014).姿勢の標準化に関係する研究(NSCA学会誌、2014),.姿勢の非対称性が頸椎の回旋に及ぼす影響(理学療法科学,2012),呼吸運動時の胸部と腹部の皮膚挙動特性(理学療法科学、2012),スポーツ活動における運動連鎖について(Medical Rehabilitation,2011),膝スポーツ外傷・障害 姿勢動作から見る身体重心と筋負担(sportsmedicine,2010),基本動作の生体力学と臨床への応用のポイント(理学療法,2010)
姿勢保持とバイオメカニクス(総合リハビリテーション,2008)腰痛予防のコンディショニング(臨床スポーツ医学,2007)姿勢のバイオメカニクス(理学療法、2007) 関節病態運動学と姿勢制御(理学療法,2006)姿勢・動作分析における身体重心点の視覚的評価の検討(理学療法学,2006)姿勢制御について(理学療法―臨床・研究・教育,2006),外反母趾患者の運動機能病態の力学的計測と解析(バイオメカニズム学会誌,2005)運動器疾患領域における理学療法実践モデル(理学療法ジャーナル,2004),変形性膝関節症の運動力学的解析(昭和医会誌,2003),膝関節疾患の動作分析(理学療法科学,2003),スポーツ傷害と筋力(理学療法科学,2003),立位動作における下肢関節モーメント(臨床バイオメカニクス,2002),変形性膝関節症の病気別理学療法ガイドライン(理学療法,2002),EBP in physical therapy 運動器疾患の理学療法(理学療法ジャーナル,2001),大腰筋機能の臨床的考察(バイオメカニズム学会誌,2000),力学的臨床理学療法(近畿理学療法士学会誌,2000),力学的平衡理論,力学的平衡訓練(理学療法ジャーナル,1999),スポーツ傷害の治療(下肢)(理学療法科学,1998)身体平衡と動作分析(全国労災病院リハビリテーション技師会学術誌,1998),動作分析と運動連鎖(理学療法ジャーナル,1998),下肢スポーツ障害に対する生体力学的アプローチ(理学療法,1997),ジャンパー膝,Osgood-Scalatter病に対する運動療法(関節外科,1996),下肢支持モーメントと床反力垂直分力の関係についての検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1996),ジャンパー膝に対する保存療法,Monthly orthopaedics別冊,1996),肩関節周辺疼痛の評価,(理学療法ジャーナル,1995),スポーツ障害への運動コントロールと運動学習理論の応用,(理学療法ジャーナル,1995),スクワットにおける足関節可動制限が膝関節モーメントに及ぼす影響(体力科学,1994),下肢荷重連鎖の運動力学(理学療法,1995),慣性モーメント操作による骨盤回旋誘導の試み(理学療法ジャーナル,1995)膝関節固定下における身体運動が脛骨前方移動に及ぼす影響前十字靭帯機能の関与を中心として,(昭和医学会雑誌,1994),膝関節障害力学的平衡理論からみた膝関節障害(理学療法学,1994),運動学習の運動療法への応用(理学療法,1994),膝前後動揺性と床反力前後分力の関係について(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),陳旧性前十字靭帯損傷膝のpivot shift test時における前後不安定性の検討(日本臨床バイオメカニクス学会誌,1993),膝蓋骨脱臼・亜脱臼に対するLATERAL RELEASE(臨床スポーツ医学,1993),膝関節運動療法のバイオメカニクス,(別冊整形外科,1993),膝前十字靭帯再建術後の早期理学療法について,(別冊整形外科,1993),足部骨折術後の早期理学療法(理学療法,1992),膝軟部組織疾患術後の早期理学療法(理学療法,1992),下肢の回旋運動とステップについて(Sportsmedicine,1991),骨関節疾患と運動療法:下肢回旋機能に着目して(理学療法学,1991),等速性収縮における表面筋電図周波数解析(東京都立医療技術短期大学紀要,1989)習熟理論の歩行への応用(理学療法学,1988),脛骨大腿関節のバイオメカニクス(理学療法学,1988),その他

担当科目
演習テーマ

理学療法学概論,病態運動学,スポーツ理学療法学,テーピングスキル,臨床実習,卒業研究
スポーツ理学療法特論(大学院),スポーツ理学療法演習I(大学院)

ひとこと

学生の皆さんへ:反省は深く短く30秒,人生99転び100起き,決断と成長は比例する?,人に左右され続ける人生と自分で選ぶ人生あなたはどちらを選びますか?「大学時代の経験はこれからの人生に大きく影響を与えます。皆さんがさまざまな『決断』を学生時代に築くことを期待します。」
受験生の皆さんへ:文京学院大学では、卒業する時に「この大学に入って良かったな」と思えるような大学を目指しています。

所属学会
国際会議等への参加

日本理学療法士協会,日本臨床バイオメカニクス学会,バイオメカニズム学会,日本バイオメカニクス学会,日本体力医学会,日本生理人類学会,日本人間工学会,臨床歩行分析研究会,理学療法科学学会,精密工学会生体機構制御・応用技術専門委員会委員

共同研究
在外研究
国内研究
社会的活動

JICA専門家派遣(中国),神奈川県理学療法士会理事(〜2006)
日本理学療法士協会卒前教育部部員、日本理学療法士協会卒後教育部部員
東京都理学療法士会卒前教育部部員、東京都理学療法士会スポーツ委員会副委員長など歴任した。現在 雑誌理学療法ジャーナル編集委員

一覧に戻る
文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス