人間学部|文京学院大学

人間学部|文京学院大学

文京学院大学トップページ人間学部|学部紹介人間福祉学科

人間福祉学科

welfare_photo01.jpg「人の役に立ちたい!」という思いを、専門的に実現できる社会福祉の世界。

 

高齢者、障がい児者、子ども、生活に困っている人、医療の場面など、

ソーシャルワーカーの働きは幅広いものです。

 

本学では、高い実践能力をもった福祉専門職を養成するために、

「実習の充実」、「地域連携センターでのボランティアの充実」

を特色としています。

 

徹底した国家試験合格に向けての指導

安心して活き活き学ぶフィールドが用意されています。

 

心と知識と能力をぜひ身につけてください。あなたの力が必要です。

 

 

 

熱意のある人集まれ! より専門性の高いソーシャルワーカーを育成します!

 

社会で即戦力となるための、少人数制によるつの履修プラン

 「スペシフィックソーシャルワーカー」を用意しました。 

 

 

 

メディカルソーシャルワーカー

 

コミュニティソーシャルワーカー

 

ターミナルケアソーシャルワーカー

 

ファミリーソーシャルワーカー

 

地域包括ケアソーシャルワーカー

 

障がい者スポーツ指導者

 

 

 

 

 現場と密接した学びで実践力を身につけ、

社会福祉のプロフェッショナルになろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   教育の特色 

 

【少人数のゼミナール活動】

 

3年に進級すると、専門領域の学びを深めるゼミナールがスタートします。国内外の福祉政策、福祉教育、福祉実践など、多彩なテーマをラインナップしたゼミは、いずれも少人数制がモットーです。

 

■ゼミの研究例
● 現代家族とこれからの保育所
●介護保険制度におけるケアマネジメント
●精神障がい者の地域生活支援
●要介護高齢者に対する援助技術
●保健医療分野におけるソーシャルワーク
●福祉教育
●北欧諸国の福祉供給構造の分析
●社会福祉領域のNPO

■ゼミの研究例

● 現代家族とこれからの保育所

●介護保険制度におけるケアマネジメント

●精神障がい者の地域生活支援

●要介護高齢者に対する援助技術

●保健医療分野におけるソーシャルワーク

●福祉教育

●北欧諸国の福祉供給構造の分析

●社会福祉領域のNPO

line01.gif

【国家資格の取得対策】

 

 <これまでの合格率>

 

社会福祉士

平成27年3月卒業生 50.0% (全国平均 27.0%)

平成28年3月卒業生 35.4%(全国平均 26.2%)

 

精神保健福祉士

平成27年3月卒業生  92.3% (全国平均 61.3%)

平成28年3月卒業生     72.2%(全国平均 61.6%)

 

社会福祉士と精神保健福祉士のダブル資格合格率 

平成27年3月卒業生 84.6%

平成28年3月卒業生 50.0% 

 

福祉専門職の中でも、①社会福祉士 ②精神保健福祉士 ③介護福祉士の資格取得を目指す場合は、所定の科目を修得した上で、国家試験を受験して合格する必要があります。

 

 

国家試験対策に特化した「特講」を開講。

問題集などの資料を備えた「受験学習室」を設置。

外部講師を招いた国家試験受験対策講座、模擬試験を実施。

 

さらに、ゼミナールでの受験学習をはじめ、解答練習や合格者によるアドバイスなどバックアップも万全です。

»先生方からの応援メッセージはこちら

line01.gif

【修学資金貸付制度】

 

education-welfare_photo02.jpg

介護福祉士養成課程履修者は、公的修学資金が利用可能。

介護福祉士を目指す人間福祉学科の学生は、「修学資金貸付制度」を利用することができます。同制度は、将来、福祉・介護の職に就こうとする者が対象。月額5万円以内のほか、入学準備金として20万円以内、就職準備金として20万円以内の借り受けができます。貸付期間は入学時から4年間です。介護または相談援助の業務に5年間就いた場合は、返済が免除されます。

line01.gif

【地域連携センター(BICS)】

 

education-welfare_photo03.jpg地域交流で福祉活動を体験しながら課題を見つけ、

問題解決能力を養う独自のプログラム。

キャンパス内に設置した地域連携センターBICS(Bunkyo Informal and Community Service)は、地域社会に根ざした福祉を、学生と地域の方々の交流からつくりあげていく本学独自のプロジェクトです。学生は高齢者との交流や、障害児支援、外国籍の子どもたちの学習支援など、地域の方々と協働した多彩な活動を通して、授業で学んだ理論を実体験と結びつけ、実践力を高めることができます。

 

»地域連携センター(BICS)

 

BICSの主な活動

●バウムクーヘン

地域の高齢者とふれあう世代間交流のイベントを企画・実施します。

 

●ピース☆

少人数の自閉症児とじっくりかかわりながら共に活動し共に学びます。

 

●すまいる

精神障害者と共に楽しむ活動を企画・実施します。

 

●きらきら

地域の肢体不自由児と地域の施設で活動を行います。

 

●ボランティアコーディネーション

ボランティアを必要としている人、ボランティアをしたい人の情報を提供します。

 

●人材の養成

ボランティアとして活動ができるよう、様々な研修を実施します。

 

●調査・研究

BICSの事業を実施する上で必要な地域のニーズや、それを取り巻く社会資源などを調査・研究します。

line01.gif

【医療ソーシャルワーク(MSW)研究会】

医療現場の第一線で活躍する卒業生から学ぶ。

education-welfare_photo04.jpg

MSWとは、“医療ソーシャルワーカー”のこと。病院や保健所などの医療施設でMSWとして、患者さんの経済問題、治療計画、転院・退院後の生活などの相談にあたっている本学の卒業生が、学生と共に現場の課題研究や事例の検討、スーパービジョンなどを実施しています。第一線で活躍する卒業生の話は、理論を深める貴重な体験となります。

 

国際機関等への進出を視野に入れた「国際協力」、多文化共生社会の教養を身につける「国際文化」、教育界を主なターゲットとする「英語教育」の3コース制。
カンボジア・フィリピン・ネパールでの国際協力活動、フランス・アメリカなどを訪ねてその文化にふれるフィールドワーク、教育委員会と連携して進める学校インターンシップなど、体験を通して学ぶ機会も豊富です。
一般企業も含め、幅広い就職の機会があります。

 

human_course.gif

【高齢者福祉施設・サービス】ソーシャルワーカー・介護福祉士として

【障害者福祉施設・サービス】精神保健福祉士や介護福祉士として

【児童福祉施設・保育所】児童福祉に精通した保育士として

【病院】医療ソーシャルワーカー・精神保健福祉士として

【社会福祉協議会】地域福祉の専門家として

【福祉サービス企業など】福祉・介護・保育の専門家として

【高等学校】高等学校教員(福祉)として

line01.gif

welfare_icon.gif

社会福祉士+介護福祉士

 

welfare_person01.jpg

介護の現場での実習は、大変だけどとても貴重。

利用者さんからの「ありがとう」が私のやりがいです。

リアルな現場での実習は、大変だけどとても貴重。利用者さんからの「ありがとう」が私のやりがいです。やっぱり「資格が2つ取得できる」っていうことが、この大学を選んだ理由です。

でも、学んでいく中で福祉の幅広さにふれて気づいたのは、私が目指す高齢者分野はもちろん、児童分野も障害者分野も、すべてにソーシャルワーカー(社会福祉士)のスキルが必要なんだってこと。

特に実習で現場に出て、そこで教科書にはないリアルな体験をしたことで、介護技術だけじゃない社会福祉全体を意識した力が必要だということを実感しました。

line02.gif

welfare_icon.gif

 社会福祉士+精神保健福祉士

 

welfare_person02.jpg

精神障害者の方の生活を支援する仕事を目指して努力中!

入学前は「福祉=介護」と考えていましたが、学んでいくうちに福祉における精神障害者への支援の役割を知り、精神保健福祉士への興味がわいてきました。

授業で、現役の精神保健福祉士の方から支援の様子や患者さんとのコミュニケーションの様子を聞いてさらに興味が深まり、精神保健福祉士になることを決意しました。社会福祉士の実習は終わりましたが、精神保健福祉士の実習はこれから。

病院など精神障害者の方を支援する現場で23日間実習を行う予定です。将来は精神障害者の方々の生活を直接支援する分野で働きたいと考えています。

line02.gif

welfare_icon.gif

 社会福祉士+保育士

 

welfare_person03.jpg 保育の分野にも、「相談」や「援助」で、

社会福祉の知識と技術が求められているんです。

もともと子どもが好きで保育士に興味があったのですが、職業として保育士は社会福祉の中の児童福祉分野だということを知ったのはこの大学に入ってからです。それまでのイメージは子どもと楽しく遊ぶ保育士の姿。

もちろんそれも大切なことですが、保育士には相談や援助など、社会福祉全般の知識と技術が必要なんだということを今、学んでいます。そういう意味でも、社会福祉士と保育士の2つの資格を取れるということは、この学科の大きな魅力の一つだと思います。

line01.gif

〈人間福祉学科を理解するためのキーワード〉

 

●社会福祉士

「専門的な知識と技術をもち、身体や精神の障害または環境との理由のため日常生活に支障のある方の福祉に関する相談に応じ、助言、指導、連絡調整などを行う」相談援助の専門職です。

 

●介護福祉士

日常生活を営むのに支障がある方に対して、心身の状況に応じた介護を行い、また介護に関する指導を行う専門職です。

 

●精神保健福祉士

1997年に社会福祉学をベースとしてできた精神保健福祉領域の国家資格です。現代のストレス社会では、「こころの問題」を抱えている方が数多くいます。その方たちの生活問題を解決するために医療、保健、福祉にまたがる領域で相談支援などを行っています。

 

●保育士

保育所や児童養護施設、知的障害児施設など、児童福祉施設で働くことのできる国家資格です。子どもの保育だけではなく、保護者の相談・援助も行う専門職です。

 

●高等学校教諭一種免許状(福祉)

少子高齢化をはじめとする様々な福祉的課題を、将来を担う高校生にも十分理解してもらうために、2003年度から「福祉」という科目が設けられました。この免許状を取得すると、高等学校で「福祉」の授業を担当することができます。

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス