大学院|文京学院大学

大学院|文京学院大学

文京学院大学トップページ大学院|研究科紹介人間学研究科|委員長ごあいさつ

 

人間学研究科

 

graduate-college_greeting.gif                                                      人間学研究科委員長

松村先生1.jpgのサムネール画像  松村 和子

 

商学博士。明治大学商学部卒業。同大学院商学研究科博士課程修了。

文京学院大学副学長。文京学院大学経営学部教授。

著書:『現代マーケティング入門』(共著・実教出版)、

『経営戦略百科第6巻 マーケティング戦略の活性化』(共著・ぎょうせい)、

『新現代マーケティング入門』(共著・実教出版)、

『消費経済学総論』(共著・税務経理協会)、

『消費経済学体系3 消費者問題』(共著・慶応義塾大学出版会)、

『高齢社会の介護ビジネス』(千倉書房)、

 

文京学院大学人間学部教授。

お茶の水女子大学大学院家政学研究科児童学専攻修了 家政学修士

文京学院大学ふじみ野幼稚園園長(2006~2009年度)、同園長アドバイザー(2010年度~)

 

『4歳児の保育カリキュラム』 チャイルド本社 2009(編著)

『保育記録を生かした幼稚園幼児指導要録の書き方』 チャイルド本社 2009(共著)   

『家庭支援論』 建帛社 2010(編著)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育界のリーダーとして、社会福祉の第一線で、心理学を生かした職業でと、

各分野で活躍する人材の育成を目指します。

 

本研究科には、人間学専攻に保育学コース、社会福祉学コース、心理学専攻に心理学コース、臨床心理学コースの計4コースがあります。
保育学コースでは、保育・幼児教育の分野での保育内容や保育方法、運営論の実践的研究や子育て支援、発達支援の研究がおこなわれています。保育現場で活躍されている方が、現場でのさまざまな問題に対して、新たな知見を得たり専門的に研究を深めたりして、現場や後輩の指導、保育者養成に役立てることも増えています。
社会福祉学コースでは、少子高齢社会化や多様化する福祉ニーズに対応できるソーシャルワーカーの育成を目指し、人々が抱える悩みや問題を解決していく能力を養っていくとともに指導的立場として行政や福祉・保健・医療などの第一線で活躍する人材を涵養していきます。また、すでに実務を経験している社会人の方に対してのより高度な専門教育をおこなうリカレント教育にも対応していきます。
心理学コースでは、心に関する多岐に渡るテーマについて実験や調査研究が行われ、学部で学んだことをさらに深く掘り下げて、専門性にさらなる磨きをかけて社会に貢献する人材を育成しています。
臨床心理学コースでは、幼児から高齢者を対象とした臨床心理学研究、心の健康に関する臨床援助と予防に関する研究が実施されています。このコースは、臨床心理士の第一種指定大学院としてコース指定を受けており、臨床心理士の受験資格が取得できます。臨床心理士資格試験では高い合格率を誇り、卒業後も各種研修会が整備されています。

その他、保育学コースでは、幼稚園教諭専修免許、臨床発達心理士・学校心理士の受験資格、心理学コースでは、高等学校教諭専修免許(公民)、学校心理士、臨床発達心理士の受験資格に必要な指定科目の単位を得ることができます。
どのコースも人の発達や成長に関する研究を行っており、専門領域の勉強に留まらず、広い視野に立って他のコースの科目も受講することが可能です。
大学院は2年間と短いですが、計画的に学習を進め、修士論文作成という研究活動を通して、研究者の道に進む機会に加え、高度な専門職業人としての基礎を培うべく精進していただきたいと願っています。本学の精神である「自立と共生」の基本となる人間性を備え、社会のために役立つ人として大きく羽ばたいて行かれんことを期待しています。

 

 

 

 

 

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス