大学院|文京学院大学

大学院|文京学院大学

文京学院大学 短期大学トップページ大学院|研究科紹介経営学研究科|経営学専攻 医療マネジメントコース

経営学研究科

 

graduate-college_major.jpg

本研究科は、高度の英語力、IT 技能、専攻分野に関する専門的な知識の3つをバランスよくあわせもつ専門職業人の育成を目的として、幅広い分野の研究科目によってカリキュラムが編成されています。
具体的には、以下の人材育成を念頭に置いています。
【1】国際関係機関や国際協力団体、さらには国際的な活動を行っている企業など、様々な場所で活躍できる実践的な英語力と国際的な教養を有する人材
【2】英語教育の現場で、高度かつ効果的な英語学習モデルを構築できる英語力や英語教育力、また国際的な教養を有する人材
【3】英語圏(特に英米)の現代の政治や文化の動きについて、独力で情報を収集し仕事に活用するのに必要な実践的英語力と国際的教養を有する人材
したがって、本研究科の入学者としては、実際に国際関係機関・協力団体・企業の現場で活躍しておられる方、英語教育の現場で活躍しておられる教員の方、あるいは英語圏の政治や文化について高い関心を有しておられる方を予定しています。
大学新卒者(ストレートマスター)の場合には、上記【1】【2】あるいは【3】の人材を目標としている方々を予定しています。
医療マネジメントコース(夜間・土曜開講)

 

医療を含む社会の視点を育てることで、

広い視野から医療機関の経営を考える人材を育てる。

 

 

●転換期を迎えた病院経営を調査研究

規制緩和や少子高齢化社会の進展など、いま病院経営はかつてない環境の変化に直面しています。医療マネジメントコースでは、こうした転換期の病院経営の新しいモデルを考察し、医療機関の近代的な経営のために必要なマネジメント能力を、体系的に学習・教育します。社会人が学びやすいように十分配慮した先駆的な教育内容で多方面から注目を集めています。

 

●医療に従事する人の経営的思考を開発

医療マネジメントコースの主な狙いは、医療機関の経営者、管理職員をはじめ、病院経営に関するコンサルタントなど、医療機関で勤務経験を持つ社会人の経営的思考を開発することにあります。特に日本の医療が国際化するためにも、医療経営システムのプロによる高い経営管理能力は必須となっています。

 

●ケーススタディーを重視した実践的な教育内容

保健・福祉・医療の統合という社会情勢の変化から、社会のなかでの医療を考える視点も重要になっています。医療の本質、とりわけ社会的サービスとしての医療のあり方から戦略・マーケティング論まで、現場のタイムリーなケーススタディーを重視しながら、病院経営の将来を見据えていきます。

 

 

 目標とする人材像

 

●高度な医療経営能力を持った上級管理職

日本の医療政策の基本や政策評価の方法と結果、環境・倫理学など、広く社会への視点を育て、また、より具体的に環境分析、戦略立案、目標管理の手法などを学び、高度な医療経営能力を持った上級管理職を養成します。

 

●戦略的思考を持った高度な専門職業人

市場原理の導入がはじまる医療・介護の分野で、戦略的思考を持った高度な専門職業人を養成します。

 

 

 修士論文論題(例)

 

○「医師のプロフェッショナル倫理」への法的関与方式の一考察

○仕事ぶりの評価が理学療法士のモチベーションに与える影響に関する実証的研究

○海外の看護労働力を活用した看護サービスの効果と課題

○自治体病院の組織文化についての研究 -神奈川県内のA地域における民間病院との比較を通して-

など

 

 

 開講の場所・ 授業実施時間

 

●開講の場所

本郷キャンパス

 

● 授業実施時間

▼月曜日〜金曜日

【7限】18:40〜20:00

【8限】20:10〜21:30

 

▼土曜日

【1限】9:00〜10:20

【2限】10:30〜11:50

【3限】12:40〜14:00

【4限】14:10〜15:30

【5限】15:40〜17:00

【6限】17:10〜18:30

 

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス