Bunkyo GCI|文京学院大学

Bunkyo GCI|文京学院大学

文京学院大学トップページBunkyo GCI|学部紹介留学

留学

グローバル人としての成長をうながす留学・異文化体験プログラムを設けています。


グローバル人としての成長をうながす留学・異文化体験プログラムを設けています。

 

 

プログラムの目的

プログラムの目的「百聞は一見にしかず」と言います。とはいえ、サイバー世代の学生にとっては「ネットで調べれば分かるよ」という返事が返ってきそうです。ところが少しでもグローバルなことに携わったことのある人は「見ると聞くでは大違い」と全員が答えます。そして、見ると聞くでは大違いの話題で何時間も語れるに違いありません。

大学生になって、初めて自転車を乗りたいと決心した人がいたとしましょう。真新しい自転車のサドルにまたがり、肩と腕の力を抜いて、身体のバランスを取りながら、勢いよくペダルに置いた足を右左交互に踏むということは知っています。はたして自転車に乗れるでしょうか? どんなに自転車をこぐ技術の知識を身につけても乗れません。何度も自分で実際に自転車に乗ってみて、おまけに何度も失敗して初めて自転車に乗れるようになるのが普通です。

グローバルなフィールドで何かをしたいと考えて皆さんも同じだと思います。世界中には多様な考え方を持つ人々がいる、色々な国の人々が集まった時に英語でコミュニケーションすることが大切だと想像すること、理解することはできます。でもそれは、15カ国の15人が集まった実際のグローバルな場面で、自分が直面するときの感覚とはおそらく違うはずです。

GCI の4年間で「何を」「どの位」やらなければいけないのかを、自分の目と耳と身体で知ってほしいと思います。1年生の夏というタイミングが設定されているのは、このような理由からです。約4週間というプログラムで実施するのも、このような理由からです。

 

 

 

プログラムの内容

international_photo01.jpg皆さんは4週間の留学で、留学先の国だけの文化を体験するだけではありません。
その留学先に集まってきている世界中の大学生とともに学び、
多文化を理解することを目指した留学プログラムです。


プログラム内容は留学先によって異なりますが、ベースは次の通りです。

 

 

 

■グローバル英語研修

米国人や英国人のように英語を使いこなすことを目標にするのではなく、非英語圏の人々も含んで英語で世界中の人々とコミュニケートできるスキルを身につけることを目標にした研修です。英語教育では定評のある留学先ですので、安心して英語のスキルアップを目指してください。

 

■フィールドアクティビティ

週に1日は、現地の社会、文化、経済を理解するためのアクティビティを企画しています。これは現地の大学内で行われたり、大学の外で行われたりします。例えば、世界中から来ている留学生と一緒に、その国の伝統的な料理を英語で指導を受けながら実際に作って食べる体験型授業。現地に進出している日本企業を訪問して、そこで働くスタッフからレクチャーを受ける企業視察などが予定されています。

 

■学生との交流

留学先で大学生と小グループ単位で活動できる企画を準備しています。これには、留学先の大学の学生との交流だけでなく、世界中から来ている留学生との交流も含まれます。グローバル英語がいかに重要なツールであるか、多文化を理解するということがどういうことであるかを、外国人学生との交流で実感してください。

 

 

 

留学先候補

グローバル英語という観点から留学先はあえて非英語圏で、多文化理解という観点から世界中から多数の留学生を集めている安全面で不安のない大学・施設が選定されています。

 

マレーシア:マラ工科大学マレーシア:マラ工科大学

首都クアラルンプールの郊外スランゴール州シャーアラムに位置する学生数が約10万人、教職員数1700名のマレーシア最大の国立大学です。本学は2010年からは短期留学プログラムを実施しており、延べ20人以上の文京学院大学の学生がここで学んでいます。
また、2003年から交換留学協定を結んでおり、毎年、UiTMの学生数名が文京学院大学で学んでいます。

 

 

中国:北京語言大学中国:北京語言大学

北京大学や清華大学などと同じエリアにある国家重点大学のひとつで、外国人学生向けの中国語と中国文化の教育では中国の中心的役割を果たしている大学です。
学生数約3万人のうち約1/3の9000人が外国人留学生です。時期によっては世界100カ国以上からの学生が在籍しているので、スーパー、スポーツジム、ボウリングセンター、カフェ、レストラン、銀行やいくつもの寮が建ち並ぶキャンパス内は非常に国際的な大学です。

 

 

中国:天津外国語大学中国:天津外国語大学

首都の北京から新幹線で30分程度の天津市にある大学で、北京師範大学などとともに中国で8大学ある高等外国語大学の1校です。学生数が約9000人、教職員数500人で2キャンパスに分かれています。
留学先は市内中心部の馬場道キャンパスで行われます。近年は外国語教育だけでなく、英語で経済学や法学を教育することに力を入れており、留学生が多い大学のひとつです。

 

 

タイ:タマサート大学タイ:タマサート大学

バンコク市内の王宮の近くプラナコーン地区にあるタープラチャン・キャンパスと、約60キロ離れたパトゥムターニー県にあるランシット・キャンパスからなる学生数が2万5千人を超えるタイ王国でも屈指の規模と伝統を誇る名門の国立大学です。
英語で講義を行うインターナショナル・プログラムにも力を入れており、世界中から多くの留学生を集めています。チャオプラヤ川の畔に建つ校舎は広くはありませんが、都市型キャンパスの利点を活かしたキャンパスライフができる大学です。

 

 

フィリピン:セブ医科大学フィリピン:セブ医科大学

セブ島の中心地であるセブシティにある医療系大学の付属ESLCenterで約400人が英語を学べる施設です。セブ医科大学とは隣接しており、大学内の施設を使って行う授業もあります。指紋認証システムのセキュリティを備えるなど、周辺の環境も含めて安心して留学生活がおくれます。
ここの最大の特徴は、1:1の個別授業が中心であるということです。50分間の授業で、50分間全部を自分だけがコミュニケートするわけですから、短期間での英語スキルアップが期待される大学施設です。

 

 

 

 

留学対象者 GCIに在籍する1年生
留学期間 4週間で実施時期は夏期休暇中です。
留学費用 留学先によって異なりますが、留学費用15万円〜20万円に航空運賃7万円〜10万円が予想され、総額で25万円〜30万円の予定です。
この留学プログラムに参加するGCI学生全員には所定の留学奨励金が支給されます。
募集・選考 留学プログラムの申し込みは、留学先にかかわらず一斉に行います。
留学ガイダンス開催の案内・掲示に注意してください。
取得単位 この留学プログラムに参加し、所定の成果を修めた学生には「語学・異文化理解短期留学」2単位が与えられます。