環境教育研究センター|文京学院大学

環境教育研究センター|文京学院大学

農遊研究グループ

icon_farm.jpg「エコ田んぼビオトープNORA」への参加や、
幼稚園児を対象とした米づくりの実践活動、大学畑での作農を通して、

食と農について体験的な意識教育を行っています。

→地域・NPO・企業との連携活動→大学内活動→学術研究活動

 


■地域・NPO・企業との連携活動


・ 食農教育

食農教育を地域ぐるみで推進することを目的に、不耕起農法で有機栽培のお米を作っている市民団体「エコ田んぼビオトープNORA」の活動に2007年から参加しています。2008年は、代掻きから始まり収穫祭までNORAの方々と一緒に取り組みました。2011年からは、田んぼの一部を学生主体で管理することになり、1年間のスケジュールや管理方法などをまとめたマニュアルを作成しています。さらに、学生とNORAの方々による話し合いを行うための「田んぼ.com」を2010年11月に開催しました。今後の田んぼ運営や交流を深める方法などを話し合うことができ、お互いの思いを話し合うことができた非常に貴重な機会となりました。また、幼稚園児への食農教育体験の場として「文京・食農教育ファーム」を展開し、幼稚園児を対象とした米づくりの実践活動も行っています。

noyou_photo01.jpg

 


■大学内活動


・ 大学内畑(ふぁーみん)

世界で作られる食料の大半を先進国で消費し、多くを食べ残して捨てています。我々のライフスタイルは、遠い国の人たちや動植物に影響を与えています。現代世代の人々が平等に暮らせるバランス、人と生き物のバランス、バランスの良い世界を作っていきたい。そのためには、まずは自分たちでも食料を作ってみようと、キャンパス内の空き地を利用して野菜作りを行っています。

noyou_photo02.jpg

 


■学術研究活動


・ 学会発表

本グループでの活動に関して、日本環境教育学会で学生が学会発表を行いました。

line

noyou_photo03.jpg2010年5月22日〜23日 日本環境教育学会第21回大会

◯文京・食農教育ファームにおける米作り実践活動の試み
大江友美・星野麗音・酒井聡一・森下英美子・中山智晴

 

 

 

line

 

環境教育研究センター

(Center for Environment Education and Research)


環境教育研究センターは、学校、行政、企業、NGO、NPOなど、地域の皆さんと学生の協働で、持続可能な社会を目指して環境活動を進めるセンターです。活動の詳細については、センター事務局にお問い合わせください。


ふじみ野キャンパス
〒356-8533 埼玉県ふじみ野市亀久保1196 map
TEL:(049)261-6488(代表)


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります

 

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス