コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ「椿ランタン ライトアッププロジェクト」開催 報告 

トピックス

文京学院/EVENT RSS

「椿ランタン ライトアッププロジェクト」開催 報告 

[ カテゴリ:トピックス ]

03月

7日

2017

oshima01.jpg
日没前に灯る椿ランタン

 

2017年2月22日(水)、学生発!伊豆大島復興支援&活性化プロジェクト「椿ランタンライトアッププロジェクト」を開催いたしました。

このプロジェクトは、本学経営学部マーケティング・デザイン専攻の学生で組織する「AnimeJapan2017学生実行委員会」伊豆大島班の3名が、伊豆大島の復興に貢献するプロジェクトとして、旅行者自らが発信したくなるようなイベントを学生ならではの感性とアイディアで企画したものです。

 

 

 

 

 

 

 

当日は手作りの椿の花をかたどったランタンを、学生たちが夕暮れの椿花ガーデンに設置・点灯。

やがて陽は落ち、満点の星空の下500個の椿のランタンが、夜の椿園を美しく演出いたしました。

 

oshima06.jpg oshima07.jpg oshima08.jpg
椿ランタンにはLEDライトを使用 楽しげに写真撮影をする来場者  道を照らすランタン

 

 

 

大島町役場や島民の皆様のSNS拡散によりこのプロジェクトへの反響が広がり、来場者数は200名超。

予想以上の賑わいとなり、企画した学生たちは驚きと感動の体験を手にすることができました。

 

oshima02.jpg oshima03.jpg oshima04.jpg
Oshimaの文字は椿ランタン  学生もあんこさんに変身  東京都大島支庁長と記念撮影

 

 

        

 

oshima05.jpg
    ※ 大島副町長 橘田様、椿花ガーデン山下様、他イベント参加者の集合写真

企画段階よりご協力いただいた伊豆大島の皆様をはじめ、当日このプロジェクトへお越し頂き喜びを分かち合えた全ての方々へ感謝を申し上げます。

 

学生たちは、同プロジェクトにより既存の観光資源に加え、自らが発信したSNSを通じて伊豆大島が広く注目され、それぞれが復興支援と地域活性化の一助になることを強く望んでいます。

 

そしてさらにこの活動が大きな輪へと繋がることを一同期待しています。

 

 
 

 

 

 

 

 

[ 文京学院大学 AJ2017 伊豆大島班  SNS ]

Twitter  https://twitter.com/izoshimahan  (外部リンク)

Instagram  https://www.instagram.com/_izuoshimahan/?hl=ja (外部リンク)

 

 

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。

 

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス