コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

コンテンツ多言語知財化センター|文京学院大学

文京学院大学 短期大学トップページ研究センター・機関|コンテンツ多言語知財化センタートップページお知らせ「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」代官山 蔦屋書店にて開催します

トピックス

文京学院/EVENT RSS

「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」代官山 蔦屋書店にて開催します

[ カテゴリ:トピックス ]

02月

13日

2015

cmd_tsutaya001.png
cmd_tsutaya002.jpg
cmd_tsutaya003.jpg

文京学院大学は代官山 蔦屋書店との産学連携を行っており、

現在、本学学生が、代官山蔦屋書店の「プレミアエイジの集客」を目的とした新たなライフスタイルプロモーションを提案しています。

2月20日より産学連携が1つの形となり実施されます。
 
 

「未来へつなぐメッセージ。奄美・大島紬の、いま、そしてこれから」 代官山 蔦屋書店にて開催

 

鹿児島・奄美大島の歴史とともに、連綿と織り続けられてきた絹織物「大島紬」。伝統的な泥染めによる美しい光沢やしなやかさ、緻密な絣模様によって、最高級の着物生地として知られています。                    

代官山 蔦屋書店は、文京学院大学の学生プロジェクトの一貫として、新しい大島紬を紹介いたします。奄美大島で7代続く織元「はじめ商事」による【奄美裂き織り】。古い大島紬を裂いて、織り直す、゛裂き織り゛技法を使用しています。この布地には、日本の日常生活から姿を消しつつある、着物の未来に対する思いが込められています。               

 

<オリジナル商品>

今回、はじめ商事様に、フェアのためのオリジナルの【奄美裂き織り】を織っていただきました。着る人のいなくなった着物と、読まれなくなった雑誌が出会い生まれた、見たことのない布。こちらを使用した商品を販売いたします(数量限定)。

 

 

【開催概要】

■ 会期:2015年2月20日(金) 〜

■ 会場:代官山 蔦屋書店 1号館1階 人文ブース 日本文化コーナー

■ 開館時間:7:00~深夜2:00(営業時間)

 

 

【関連リンク】

・代官山T-SITE http://tsite.jp/daikanyama/  (外部リンク)

・はじめ商事 http://hajimeshoji.com/  (外部リンク)

 

コンテンツ多言語知財化センター

学生および教員の考案・制作するコンテンツに関する著作権処理および相談、支援業務を行い、大学が行うコンテンツプロデューサーの養成のための教育を側面から支援し、あわせて知的財産関連教育の向上を資することを目的とします。

 


TEL:03-5684-4865
FAX:03-5684-4704
E-mail:cmd@bgu.ac.jp
※@は全角大文字です。英数半角に変換してお使い下さい。
本郷キャンパス
〒113-8668 東京都文京区向丘1−19−1 B館311号室
文京学院大学コンテンツ多言語知財化センターmap


※文京学院大学のキャンパス内にセンターがあります。

 

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス