本学について|文京学院大学

本学について|文京学院大学

文京学院大学トップページ 本学について大学紹介:沿革

大学紹介:沿革

学長メッセージ 沿革 組織図

 

女性の自立を支える私塾として1924年に開学。医学技術者養成を機にスタートした高等教育は、時代と歩調を合わせて、今も発展を続けています。

 

文京学院の前身となった私塾の創立は1924年。関東大震災翌年のことです。かねてから、学ぶ機会に恵まれない女性の不遇を憂いていた創立者・島田依史子は、震災で財を失った人々を目の当たりにして、人が拠って立つ真の財は、生涯失うことのない知識や技能にあることを確信。当時の女性に身近だった裁縫を技能にまで高める教育で、その自立を支えようと開塾したのが「島田裁縫伝習所」でした。

同塾は、翌1925年には本郷女学院と名称を改め、裁縫のみならず、国語、英語、算術等を加えた教育を開始。併せて高等女学校卒業者も受け入れる和服裁縫研究科、洋服科、手芸科を開設しました。以降、東京都の認可を受けての改称や、実業学校の併設、商科開設に伴う改称などを経て、1947年、学制改革後の発展を期して名称を文京女学院に改めます。同時に新学制令に則った中等教育機関を発足させ、また、1954年には、戦前の一時期に着手した経験をもつ幼児教育を再スタートさせました。

文京女学院は、1959年、今日の保健医療技術学部につながる医学技術者養成選科を開設して、高等教育の足がかりとします。1964年に英語英文科を擁して開学した短期大学は、後に、すでに保育者育成で実績のあった専門教育機関を併合し、また経営学科を開設して、今日の大学教育の礎を築きました。

大学の開学は1991年です。以降、順次開設してきた学部は、いずれも、これまでの教育実績を基に、複雑化、高度化する社会を展望して発展させたカリキュラムを擁します。

2005年には大学の、2006年には短大の門戸を男子学生にも開放。創立時から受け継ぐ自立に向けた実学教育に加え、もうひとつの教育理念である共生に通ずる、男女共同参画社会の入口としての体制も整えました。

時代と共に歩み続ける文京学院の教育に、止まる時はありません。創立85周年を迎えた翌2010年には大学院・保健医療科学研究科を開設しました。

さらに、2011年には外国語学部で2専攻を新設するほか、短期大学英語科を英語キャリア科に学科名称を変更しました。

節目となる創立100周年を視野におさめ、文京学院は、これからも、教育体制の強化に努めていきます。

 

 

創立者島田依史子と文京学院

文京学院大学ページトップへ

駒込キャンパス

〒113-8667
東京都文京区本駒込6-18-3 »アクセス